「桜はどこ?」訪日客が困惑 外国人記者の取材裏話インバウンドサイト発 日本発見旅

研修を兼ねた取材旅行で道後温泉に集合したスタッフ。松山城の石垣の前で。この後は各自、次の目的地に向かいました(写真:japan-guide.com)
研修を兼ねた取材旅行で道後温泉に集合したスタッフ。松山城の石垣の前で。この後は各自、次の目的地に向かいました(写真:japan-guide.com)

英語圏からの訪日客向けに日本の観光情報を発信しているジャパンガイド。4月は1年でオフィスが最も閑散としている時期なのです。その理由は、日本列島を北上する桜前線を追いかけて、全スタッフが現地取材に出掛けているためです。しかし今年は異変が……。日本の観光取材の裏話を少しだけ紹介します。

「今年の東京の桜はもう終わっています」

観光地の取材という仕事は、どうしても天候に影響されます。中でも桜はとても繊細。「桜リポート(Cherry Blossom Reports)」というページのために、夫・シャウエッカーには、開花時期を予想し取材スケジュールを決めるという作業があり、毎年大変な思いをしています。

特に今年は困難を極めました。開花の時期も例年より早かったのですが、開花から満開までが驚くほどのスピード。こんなに早かったのは、桜の取材を開始して以来初めてではないかと思います。4月に日本を訪れてお花見をする予定だった外国人観光客は困惑していたようです。これから日本を旅行するというユーザーから、メールで質問がありました。

「4月14日に忠霊塔に行きたいのですが、桜は見られますか?」

忠霊塔とは山梨県富士吉田市の新倉山浅間公園にある五重の塔で、春は富士山と桜と五重の塔が1枚の写真に収められるスポットとして、外国人に大人気の場所です。例年なら14日はちょうど見ごろですが、今年は残念なことにもう終わっています。そこでシャウエッカーからのアドバイスは「河口湖周辺は忠霊塔より開花が少し遅いですし、忍野八海はさらに遅くなるので、そのような場所を目指してみてはいかがでしょうか。14日まで花が残っているかもしれません」というものでした。

次のページ
一番苦労するのは天候