2018/5/4

「この手のタイプならスニーカー通勤の初心者でもさほど抵抗なくスーツと合わせられる」と樋田さん。「アッパーとソールが同系色なら違和感がないし、もしアッパーとソールの色が違う場合は2色程度におさめるのが無難」。これから夏場にかけては足元が「ネイビーやグレーの色味だとシンプルでおしゃれ」と指摘する。

■ソックスにも注意

くるぶし丈のスニーカー用ソックスなら目立たない(PIXTA)

スニーカー通勤の場合、「ソックスもポイント」と樋田さんは強調する。靴がカジュアルだから、ソックスもカジュアルなものをはけばいい、というわけではない。「やはり、くるぶし丈のスニーカー用ソックスを」とアドバイスする。くるぶしが露出するほど丈が短いソックスで、素足で靴を履いているように見える。「生足」と勘違いされるのが嫌なら、丈がくるぶしを覆うものを選べば、ちゃんと「靴下をはいてますよ」とアピールできる。

通常のソックスをはく場合、色は単色がベター。パンツか靴のどちらかの色に合わせよう。いずれにせよ、パンツと靴の間にちらりとのぞくソックスがやぼったいとエレガントさが失われるので禁じ手だ。

■パンツは細め、丈は短め

足元が決まったら、その上の装いはどうするか。樋田さんは「その人の体形にもよる」と断った上で、「一般にパンツの裾は細めで、丈も短めの方が足元とのバランスをとりやすい」と指摘する。さらに、チノパンやコットンパンツを選ぶ場合でも、「中央の折り目(センタークリース)をちゃんとつけていた方が、きちんとした感がでる」という。

最後にオシャレ上級者向けのアドバイスを樋口さんに聞いてみた。すると、スニーカーについて、「アッパーがニットでストレッチ(伸びる)タイプをセレクトしてみては」と。一段とカジュアルなクールビズの季節にはもってこいかもしれない。

◇   ◇   ◇

スポーツメーカー以外でもビジネスウエアに合わせやすいスニーカーを投入している。どんなものが今、人気なのか。東京都内の大手百貨店に売れ筋商品を聞いた。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram