ストーカー被害など56%が経験 働く女性の防犯心得

日経ウーマンオンライン

「私には関係ない」「昼間だから大丈夫」と思わないで(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマンオンライン

ストーカーや空き巣、痴漢など、多種多様な事件で女性が被害に遭っています。今回は、読者の皆さんが身の危険を感じた経験について聞いてみました。併せて寄せられた防犯の心得とともにご紹介します。

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2018年2月1日(木)~2月28日(水)
◎有効回答者数:615人

身の危険を感じたことがある読者は半数以上

まずは、身の危険を感じた経験の有無について聞いてみました。

身の危険を感じた経験のある人は56%で、半数以上。「いいえ」「特になし」と答えた人も44%いましたが、友達など身近な人が犯罪に巻き込まれてしまったという人も多くいました。無関係だと思っていても、知らないうちに巻き込まれてしまうケースもあります。読者が思わずゾッとした経験とは、一体どんなものだったのでしょうか?

身の危険を感じるなど、怖い思いをしたことはありますか?

元彼や元夫に注意 ストーカー被害

最初に紹介するのはストーカー被害。夜道で見知らぬ人に付きまとわれる人が多い一方、元彼や元夫から執拗に連絡が来たり、家を訪ねられたりするケースも多々あるようです。

◆ 元夫がストーカー化したので、元夫が住民票で私の現住所を追えないように、一旦実家に住民票を移してから新居に移し直しました。(38歳、サービス、企画)

◆ 自分はストーキングされないという根拠のない自信がありましたが、ある時見知らぬ人にストーキングされ、それ以来、周囲を警戒しながら帰宅するようになりました。また、顔見知りでない人には住んでいる場所を細かく伝えないことにしています。(34歳、卸売・流通、人事)

◆ 数年前、別れた直後から1年ほど元カレにストーキングされました。当時は実家暮らしで車通勤だったため、夜、車から降りる際は周囲を確認する、家族と会社に話して万が一の事態に備えるなどの対策をしました。(35歳、情報通信、人事)

電車だけじゃない 痴漢やセクハラ被害

痴漢・セクハラなどに巻き込まれてしまった人も多数いました。痴漢と聞くと電車内での被害がイメージされやすいですが、自宅マンションのエレベーターや帰宅途中の夜道、整体院などでも怖い経験をした人がいるようです。

次のページ
対策必須 追跡されやすいSNS