WOMAN SMART

ライフスタイル

時間とお金のムダがゼロに 使える!無料アプリ

日経ウーマン

2018/4/22

【Case 2】買い物の時間のムダがゼロに、「あまりもの」使って節約も

紺野佳南さん(メディアコンサルタント)

アプリ開発のコンサルタントをしている紺野佳南さん。週2回の自炊では、「クラシル」「クックパッド」などのアプリを使ってきた。「クラシルは動画なので、作業する内容や工程がひと目で分かりやすい。クックパッドはレシピ数が多く、珍しい食材のレシピも見つかります」。そんな紺野さんが最近愛用しているのが「タベリー」。

「献立作りから買い物リスト作成までのプロセスがとにかくスムーズ。特に、買い物リストは食品の並び順が、スーパーの売り場の順になっていて使いやすい。よく行くスーパーは電波が入りにくいのですが、事前に買い物リストを作っておくと、オフラインでも見られて便利です。『あまりもの』から献立を考えられるのも、ひとり暮らしに優しいですね」

プロの料理家や料理教室が提供する6000以上のレシピから、アプリが主菜・ 副菜・汁物の順に提案。選ぶだけで献立が手軽に作れる。作成した献立はカ レンダー形式で管理できる。買い物リストの作成も簡単

■「あまりもの」からレシピを選ぶ

紺野さんは、ランチタイムや移動時間に献立を考える。冷蔵庫の「あまりもの」など、使いたい食材を2つまで指定してレシピを探せる。

冷蔵庫のあまりものなど、使いたい食材を指定してレシピを探せる

■食材が決まったら→献立を決め、買い物リストを作る

4つずつ提案されるレシピ写真から、1つに触れて選ぶ。「主菜」「副菜」「汁物」と進むが、1品だけでもOK。続いて買い物リストも作る。

献立が決まったら人数を指定。献立全体に必要な食材と分量が示される。「調味料など家にある食材はチェックして消去。これで買い物リストの完成です」

「主菜」「副菜」「汁物」提案の中から選んで献立を決める

■退社後、スーパーで→リストの順に5分で買い物

買い物リストの順にカゴに入れたら消去する。スーパーの売り場順に並んでいるので、時間のロスがない。ムダな買い物もしにくい。

買い物リストは売り場の順なのでスムーズに変える。オフラインでも使えるので電波の入りにくい地下の食品売り場などでもOK

■帰宅したら→アプリで作り方を見ながら料理

アプリでレシピを見ながら調理スタート。「作った料理は撮影してインスタグラムにアップ。モチベーションも上がります」

アプリでレシピを見ながら料理。できた料理は撮影してインスタグラムにアップ
やつづか えりさん
コクヨ、ベネッセコーポレーションで11年間勤務後、独立。女性の働き方提案メディア『くらしと仕事』の初代編集長を務め、現在はYahoo!ニュース(個人)他、各種ウェブメディアで働き方、組織、ICT、イノベーション、子育てなどの記事を執筆中。1児の母でもある。

紺野佳南さん
メディアコンサルタント。大学卒業後、ユナイテッドに入社。大手広告代理店へ出向中に、モバイルメディアを中心としたバイイング、プランニング業務に携わる。2013年サイバー・バズ入社。17年freee入社。現在はコンシューマー向けメディアのマネタイズ戦略立案や、コンサルティングを行っている。

(ライター 渡辺満樹子、やつづかさんの写真 小野さやか、紺野さんの写真 鈴木愛子)

[日経ウーマン 2018年4月号の記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL