出世ナビ

次世代リーダーの転職学

「転職オファー殺到」が成功につながらない本当の理由 経営者JP社長 井上和幸

2018/4/20

では、こうした転職スカウトから声が多くかかる人が、イコール、転職成功者なのでしょうか。実は、この答えが「YES」とはいえないところに、昨今の転職活動における非常に重要なポイントがあるのです。私自身、月に数十人から、場合によっては100人近くの若手リーダー、ミドル、エグゼクティブとお会いしている中で、

●書類選考はかなりの確率で通過するのに、面接でその先になかなか進まない人

●よいところまで進むものの、最終面接でいつもご縁がなくなる人

と、

●必ずしもスカウトの声掛けの数が多いわけではなかったり、非常に限られた案件内でしか検討できないバックグラウンドや年齢であったりするのに、早期で良縁に恵まれる人

とが、常に二極化して存在しているのが現実です。なぜこのようなことが起きるのか。その差は、なんなのでしょうか。

■転職の成功には3つの「ステージ」クリアが必要

転職活動における二極化が発生するメカニズムを、具体的なステップで見ていきましょう。

(1)汎用的な職種・業界経験なら、スカウト段階では声掛けが殺到

ニーズの多い営業系、経理・財務系の職種などであれば、率直に言ってスカウトの絶対数は多くなります。また、なかなか獲得が難しいエンジニア系職種などですと、多少経歴的に難がありそうだと思われても(例えば短期間での転職繰り返しがあるなど)、「ぜいたく言ってられないので、一度会ってみようか」となるケースも少なくありません。同業界からのスカウトが多くなるのも、やはり同じ理由からです。

(2)学歴・企業ブランドフィルターも、いまだ健在

企業や経営者個別の判断軸や好みによりますが、学歴フィルターや前職までの在籍企業名といった企業ブランドのフィルターも、いまだに根強いのが事実です。こちらも、この2点のいずれか、または両方がよい(よく見える)ため、あまり細かい職務の経験内容や実績について参照せずに、「取り急ぎ」スカウトをかける企業やエージェントがいるのも現実です。

上記2つの段階は、「まあ、とりあえず、会ってみようかステージ」です。折しもこの転職市場の過熱状況で、以前に比べて、この「まあ、とりあえず会ってみよう」アクションが増加しているわけで、これが次のステージ以降での「悲劇」を、結果として激増させている理由にもなっています。

(3)実際に面談や面接に進んで気づき始める現実

冒頭の方のように、「おお、こんなにスカウトが殺到、俺も人気者だな。転職市場も過熱しているというのは本当だったんだ。これは俺のキャリアアップ転職も楽勝だな」と思って、気楽にエージェントとの面談や企業との面接に足を運び始めてみると、徐々に気がつく現実があります。

●面談の場では、あまり話が盛り上がらないまま終わってしまった
●自分が希望しない案件を押し付けられ、応募するよう強要された
●希望を伝えると、「そのような希望の職務や肩書、年収は無理」と言われた
●次の面接にまったく進まない

理由は、(1)(2)のレベルでは対象となったものの、実際に個々個別の企業・ポジションの話となると、職務経験での取り組み方や実績が不明確であったり、正直あまり成果を残せていなかったり、そもそも、ご自身が今後何をやりたいのか、できると思っているのかについての棚卸しが甘かったりするためです。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL