完全無線イヤホン先駆者 EARIN新機種の進化と変化「年の差30」最新AV機器探訪

完全ワイヤレスイヤホンの先駆けともいえるEARINから2018年2月に発売された新作「EARIN M-2」(手前)。15年発売された「EARIN M-1」(奥)からどう進化したのか
完全ワイヤレスイヤホンの先駆けともいえるEARINから2018年2月に発売された新作「EARIN M-2」(手前)。15年発売された「EARIN M-1」(奥)からどう進化したのか

完全ワイヤレスイヤホンの先駆者ともいえるEARIN(イヤーイン)が、2018年2月、新製品「EARIN M-2」を発売した。前モデル「EARIN M-1」から2年たって登場した新モデルはどんな進化を遂げたのか。昭和生まれのオーディオ評論家と平成生まれのライター、約30歳の年齢差がある2人が、M-1とM-2、両モデルを試聴した。

◇  ◇  ◇

2017年末から大手オーディオメーカーが続々と新作を発表し、選択肢が増えている完全ワイヤレスイヤホン。調査会社のGfKジャパンのアナリスト合井隆人さんも、「ヘッドホン・イヤホンの市場全体の本数規模は安定している中で、Bluetoothイヤホン、特に完全ワイヤレスイヤホンのプラス成長を見込む」と話す。

そんな完全ワイヤレスイヤホンで、先駆者ともいえるのが、2013年、スウェーデンで元ソニー・エリクソンのエンジニア3人が立ち上げたメーカー「EARIN」(イヤーイン)。クラウドファンディングのKickstarter(キックスターター)でEARIN M-1を発表すると、150万ドルという当時の北欧企業としては最大投資額を集め注目された。

M-1が発売されたのは2015年12月。完全ワイヤレスイヤホンが一般的にも注目を集めるきっかけになったAppleの「AirPods」が2016年12月発売なので、1年早く発売されたことになるが、当時からバランスのとれた聞き取りやすい音質、片耳3.6グラムの超軽量・超小型、安定感のある接続性など、評価が高い製品だった。

そのM-1の後継機となるだけに、発売前から高い注目を集めてきた「EARIN M-2」。どんな進化を遂げたのか。

M-1に比べて音作りに個性が

小沼(26歳のライター) これまでこの連載ではさまざまなヘッドホン、イヤホンを試聴してきましたが、今回取り上げるのはEARINの新モデルM-2。何が変わったかを確認するために、前モデルM-1も試聴しました。

M-1(右)とM-2。M-1は背面が充電端子となっていたが、M-2は充電端子が本体下に移動。背面には再生/停止や曲のスキップなどができるタッチセンサーが搭載された

小原(54歳のオーディオ・ビジュアル評論家) 新モデルのM-2、使ってみていかがでしたか?

小沼 これまで聴いてきた完全ワイヤレスイヤホンの中では、音も使いやすさもナンバーワンだと思いました。前作のM-1もかなり音が良いと思いましたが、M-2はさらにパワーアップして、音のバランスも取れていると思います。

小原 なるほど。でも、僕の感想はちょっと違いますね。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
小型の本体にたくさんの機能を搭載
MONO TRENDY連載記事一覧