グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ オムライス、ケチャップと卵の半熟がカギ

2018/4/15

オーソドックスな巻き込み型オムライス

週末レシピ、今週の料理はオムライス。「ご飯と卵」という間違いない組み合わせ、「赤と黄色」という華やかなビジュアル、スプーン1つでパクパクと食べられる手軽さで、老若男女に愛されている。我が家ではハンバーグ、コロッケ、ハヤシライスと共に洋食四天王とたたえられ、「今日なに食べたい?」という質問の答えナンバーワンでもある。休みの日のランチに、オムライスほど幸せを提供できる一皿もない。

とはいえ「家では作らない、外で食べるもの」と決めている人が多いのも事実だ。オムライスには常に「失敗しそう」という恐怖がつきまとう。私も何度、辛酸をなめてきたことか。しかし断言しよう。オムライスは確かに失敗がつきものだが、リカバリーが簡単な料理でもある。「あ、やっちゃった!」となったら、途方に暮れる前に手を動かそう。最後はケチャップがなんとかしてくれる。

今日はオーソドックスな巻き込み型オムライス、そしてとろとろ卵のイマドキ系オムライスを作る。材料はいたってシンプル。それゆえ明暗を分けるのは調理法のみとも言える。ポイントは2つ。ケチャップの扱いと、卵の半熟具合だ。できたて熱々のうまさにシビれて欲しい。

ではまず、オーソドックスな巻き込み型オムライスから

【材料(1人前)】

卵 Mサイズなら3個、Lサイズなら2個 / ご飯 固めに炊いたもの150グラム / 鳥もも肉 60グラム / タマネギ 60グラム / ケチャップ 大さじ2~ / 水か牛乳 大さじ1 / バター 適量 / 塩、コショウ 適量

巻き込み型オムライスの材料

【手順】

(1)具材をいためる

(2)ご飯をいため合わせチキンライスを作る

(3)卵を焼き、チキンライスをくるむ

鳥もも肉、タマネギは1センチ角に切っておく。私は具の存在感がある方が好きなのでこの大きさだが、もっと細かくしてもいい。タマネギは店によってはペースト状のところもあるくらいだ。好き好きではあるが、どちらかというと具は細かいほうが失敗しにくい。

フライパンにバターを溶かし、まずタマネギと鳥もも肉をいため始める。もしチキンライスにマッシュルームなどほかの具材などを入れたい場合は、このタイミングで入れよう。火は終始強火。タマネギが透き通って、鳥もも肉にいい焼き色がついたら、軽く塩コショウを振って下味をつける。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL