マネー研究所

人生を変えるマネーハック

クレカのリボ払いに落とし穴 新社会人は気をつけよう クレジットカードをマネーハック(3)

2018/4/16

写真はイメージ=123RF

 今月のマネーハックは、新社会人のマネーリテラシー(お金に関する基礎知識)向上の狙いも込めて「クレジットカード」を取り上げています。ポイントがたまって魅力的なクレジットカードも注意点がいくつかあります。

 同じ買い物をしても返済方法を「一括払い」とすれば、利息は付かずそのままポイントを獲得できます。3回以上の分割払いをすれば、利息が付きますので利用残高に上乗せした額があなたの支払い額となります。利息の利率は、クレジットカードのポイント還元率より必ず高くなりますので、ポイントを獲得できたとしても意味がありません(詳しくは前回コラム「クレカでポイント獲得 新社会人、支払い方法を要注意」を参照)。これでは、結果的にお得どころか割高な買い物をしたことになります。

 しかし、もっと割高な買い物をする方法がクレジットカードにはあります。それは「リボルビング払い」、いわゆるリボ払いです。

■気がつけば残高は膨らみ続ける

 リボ払いはクレジットカードの使用時に支払い方法を問われたとき、「リボ払いで」というだけでOKです。ところが、これはとても危険な支払い方法です。

 リボ払いの基本は「残高はすべてひとつにまとめる」「毎月の返済は一定額とする」――です。一見すると、返済負担が一定になるので便利な仕組みですが、これがくせ者です。

 例えば、4月に5万円の買い物を、5月に7万円の買い物をしたとします。それぞれ翌月に一括払いすれば合計12万円の支払いで済みます。しかし、「毎月の返済は1万円」というリボ払いを選択し、年15%の利息がかかった場合、支払総額は約13万円になるので返済終了まで13カ月を要します。

 考えてみれば当たり前で、毎月5万円は使っているのに返済は月1万円だと残高はなかなか減りません。気がつけば50万円くらいの残高を抱え込んでいたりします。利用する側は「ちゃんと返済しているから」と考え、また新たにリボ払いで買い物をしてしまうので、気がつけば残高は減るどころか膨らみ続けます。こうした「リボのアリ地獄」にはまると、抜け出すのにとても苦労することになります。

■誰も増額返済しようと思わない

 リボ払いはクレジットカード会社にとっては高い金利を得られるという点で、もうかる仕組みです。言い換えれば、私たちは便利の代償に高い金利を払うということです。

 例えば、リボ払いの一種に「あるとき払い」という方法があります。文字通り、余裕があるときに増額返済すればよく、毎月の返済額は低く抑えられます。毎月数千円でOKのこともあります。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL