WOMAN SMART

マネー

今さら聞けない 「仮想通貨」って何? 知って得するお金のギモン

日経ウーマン

2018/4/12

働く女性は仮想通貨とどう付き合う?(イラスト:いいあい)
日経ウーマン

ビットコインが値上がりして莫大な利益を得た人がいたり、NEM(ネム)の流出が問題になったりと、何かと話題の仮想通貨。いったいどんなものなのか。専門家に聞きました。

■QUESTION1 そもそも「仮想通貨」って何?電子マネーとは違う?

仮想通貨とは、お金と同様にモノやサービスと交換できる価値を持ったデジタルデータのこと。暗号化されて、仮想通貨所有者のPCやスマホに記録される。ネット経由で通貨を売買したり、モノを買ったりできる。

価値をデータでやり取りする点は電子マネーと同じ。ただし仮想通貨の一部は、円やドルなどの法定通貨のように、価値を保証する発行主体がない。代わりに「ブロックチェーン」という技術で全取引を記録し、偽造や改ざんができないようにしているため価値が生まれる。

一番の利点は手数料や時間のハードルなしに国境を越えて通貨をやり取りできること。そのまま瞬時に世界中に送金できるし、海外での支払いにも使える。

しかし、今の仮想通貨は、法定通貨との交換レートの大きな変動に着目した人の投機商品になっているのが現状。短期売買で利ざやを稼ぐ人が多い。

仮想通貨と法定通貨の違いとは?

■QUESTION2 仮想通貨はどうやって手に入れるもの?

仮想通貨を売買するための口座を交換業者に開設し、お金(日本円)と交換で手に入れるのが一般的。具体的には、交換業者のサイトに個人情報を入力し、免許証など本人確認書類を送る。口座が開設できたら入出金用の銀行口座を登録し、銀行から入金して仮想通貨を買う。買った仮想通貨は必要に応じて日本円に戻したり、他の仮想通貨と交換したり、他人の仮想通貨口座宛てに送金したりできる。

■QUESTION3 仮想通貨って「ビットコイン」だけ?

仮想通貨は1500種類以上あるとされ、どんどん増えている。仮想通貨ごとに単位が違い、円との交換レートも異なる。

ドルに換算した場合、最も発行残高が大きく、取引も活発な仮想通貨が「ビットコイン」。仮想通貨の世界では、米ドルのような基軸通貨の役割を果たしていて、一部ながら実際の店舗でも支払いに使える。

このほかにも主なもので「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「リップル」といった仮想通貨がある。ここで紹介したような仮想通貨なら、多くの交換業者で扱っているので入手しやすい。

主な仮想通貨4つの特徴

■QUESTION4 どうして「ビットコイン」で何億円も儲かる人がいるの?

仮想通貨のメリットは世界中の人と時間やコストをかけずに通貨をやり取りできること。ところが、その価値が上がることを期待して買う(円やドルと交換する)人が増えている。例えば円と交換したい人が増えると、円から見た仮想通貨の値段は上がる。特にビットコインは発行量の上限が決まっていることもあり、2017年の1年間で価格が10倍以上になった後、半分以下に急落するなど、激しく変動している。

一部の業者は、手持ちの仮想通貨の数倍~数百倍の仮想通貨を売買できるサービスを提供している。この仕組みを使い、仮想通貨を何百倍にも増やして大金を手にした人が何人も出た。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL