レクサスRX450hL 新しい高級車は3列シートSUV

日経トレンディネット

3列シートを採用したレクサス「RX450hL」(税込み769万円)
3列シートを採用したレクサス「RX450hL」(税込み769万円)
日経トレンディネット

高級SUV、レクサス「RX」の3列シート車「RX450hL」が2017年12月に発売された。これまでは大きな潮流ではなかった3列シートSUVだが、同じく昨年12月に登場したマツダ「CX-8」が300万円台からという価格とミニバン並みに広い車内で人気となり、急激に注目度を上げている。そんななか、小沢コージ氏はRX450hLをどう評価したか?

◇  ◇  ◇

ついにミニバンにも本格後継者が出現!

世の中、たいして変わってないようで、着実に移り変わってゆくものです。例えばファミリーカーの世界なんかも。

1980年代はトヨタ「マークX」のようなミディアムセダンがバカ売れしていました。その後、売れ筋はいつしかスバル「レガシィ」のようなステーションワゴンに変わり、一部クロカン4WDなどを経て、最近は3列シートミニバンの人気が続いていました。

3列シートミニバン全体として今は伸びていませんが、売れ行きトップの箱型ミニバン、トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」の3兄弟を合計すると月間の販売台数は時に「プリウス」や「アクア」を超えるレベルに。

親子3世代で使えるファミリーカーはもはや3列シート車が標準で、なかなか5人乗りはメインにはなり得ません。

一方で大人数が乗れる3列シート車としてはミニバンを超えるものがなかなかなく、小沢は当分この傾向が続くと考えていました。

再び注目が集まる3列シートSUV

ところが先日、異変勃発。マツダが国内専用で3列シートのSUV「CX-8」を発売。1カ月間で受注1万2000台を超えてしまったのです(記事「7人乗りSUV『CX-8』は売れて当然? 驚きのコスパ」参照)。

これ以前にもミニバン的に使える3列シートSUVはありました。さほど目立ってませんでしたが日本車ではトヨタ「ランドクルーザー」、日産「エクストレイル」、三菱「アウトランダー」、輸入車ではメルセデス・ベンツ「GLS」、BMW「X5」、アウディ「Q7」、ボルボ「XC90」などなど。ただしどれもサードシートがさほど広くなかったり、価格が高かったりして爆発的人気には至りませんでした。

しかし300万円台前半から買え、車内もミニバン並みに広いCX-8が起爆剤となり、再び注目を浴びてきたのです。

そして先日高級SUVのレクサス「RX」に追加されたのが同車初の3列シートモデル「RX450hL」。ボディーを少し延長し、小ぶりのサードシートを追加したもので、769万円となかなかの価格。しかし、スタイリッシュなうえにレクサス自慢のハイブリッドシステムを持ち、売れる要素は備えています。

MONO TRENDY連載記事一覧