会社辞めたら健保も抜ける? 職業などで変わる加入先公的医療保険の基礎(上)

医療費の自己負担は小学校に入って70歳になるまでは原則として3割=PIXTA
医療費の自己負担は小学校に入って70歳になるまでは原則として3割=PIXTA

筧家のダイニングテーブルでは娘の恵が何やら込み入った電話をしています。「ちょっと待って。うちの親に聞いてみるわ」。聞き耳を立てていた父親の良男を素通りし、恵は母親の幸子に質問しました。「ねえママ、会社を辞めると健康保険はどうなるの?」

筧幸子(かけい・さちこ、48=上) 筧良男(かけい・よしお、52=中)  筧恵(かけい・めぐみ、25) 

筧良男 何だ、いきなり。まさか会社を辞めるつもりじゃないだろうな? 恵。

筧恵 私じゃなくて友達のこと。ついでに言うと。パパじゃなくてママに聞いているの。

筧幸子 あらまあ、いきさつは知らないけど……。辞めた後にフリーで働くとかなら、普通は会社の健康保険から国民健康保険に移ることになるわね。

 前回も同じような話があったような気がする。せっかくだからこういった保険制度の仕組みを教えてくれない?

幸子 公的な医療保険制度のことね。まずは国民全員が加入して保険料というお金を払い、必要な人に渡す社会保険のひとつよ。病院や診療所で診察や治療を受けたときにこの医療保険が多くの部分を負担してくれるの。医療保険といえば民間の保険会社も販売しているけど、そちらは公的な制度だけでは不十分だと考える人が任意で加入して備える感じね。

良男 私もあれから会社の健康保険について調べたんだ。結構、詳しくなったぞ。

幸子 公的医療保険は一つではなく、職業や年齢で異なるわ。まず会社員は健康保険。主に大企業に勤める人とその家族は勤め先の健康保険組合に、中小企業の従業員とその家族は全国健康保険協会(協会けんぽ)に入るの。公務員とその家族は共済組合ね。それ以外の自営業やフリーランスで働く人、農林水産業者や無職の人などは地域で運営する国民健康保険に加入するの。基本的な医療の給付はどの制度でも一緒のはずよ。

 会社員でなくなると国民健康保険になるのは、そもそもの医療保険が違うからなのね。何か公的年金に似ている気がするわ。共済年金は厚生年金に一元化されたけど、こちらの共済組合は続いているのね。

良男 そして年齢でいうと、それぞれの医療保険に入っていられるのは74歳までで、75歳になると全員が後期高齢者医療制度に移るんだよな。

幸子 ちなみに会社員と公務員には被保険者と被扶養者があるわ。被保険者の収入で生活する家族は被扶養者となって保険料ゼロで加入できるの。会社を辞めてこうした人と結婚するならメリットがあるかもね。国民健康保険は被扶養者の制度はなく、全員加入者として保険料を払わなければならないの。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし