MONO TRENDY

デジタルライフ

広がる男性向け洋服レンタル 「勝負スーツ」も借りる 特集 目指せ!「持たない」生活(中)

2018/4/11

LINEでは、身長や体形といったパーソナルデータやユーザーの希望を元にコーディネートの提案をしてくれる。ファッションの相談をすることも可能だ。利用者はコーディネートをしてほしい男性だけではなく、「旦那をオシャレにしてほしいという奥様からの依頼も多い」(広報担当者)。

プランは月額7800円(税別)の「カジュアルプラン」と、1万3800円(税別)の「ジャケパンプラン」の2つが用意されている。カジュアルプランはスタイリストがトップス3枚、ボトムス1枚を選び、2種類のコーディネートを作って自宅に送ってくれる。ジャケパンプランの場合は、ジャケット1枚の他にトップス2枚とボトムス1枚。やはり2種類のコーディネートが届く。

レンタル回数は月に1回(初月は2回)で、届いた服を返却すれば、翌月には新しいコーディネートを提案してくれる。コーディネートが気に入ったら、契約期間中であれば返却せずに月をまたいでレンタルし続けることも可能。また、それぞれの服を単品で購入することもできる。

「カジュアルプラン」は、スタイリストがトップス3枚、ボトムス1枚を選び、2種類のコーディネートを提案する
「ジャケパンプラン」は、ジャケット1枚、トップス2枚、ボトムス1枚で、2種類のコーディネートが提案される

■LINEでファッションの相談をする

今回は、LINEでファッションのやりとりができるleeapを利用してみた。ファッションにはあまり自信がなく地味な服が多いので、スタイリストがどんな服を選んでくれるのか楽しみだった。せっかくなので、カジュアルプランとジャケパンプランの両方を試してみたのだが、具体的な手順はカジュアルプランを元に説明する。

最初に有料会員登録を行う。会員登録時には、身長や体重の他に体形や普段履いている靴、休日の過ごし方など、スタイリストが服を選ぶ上で参考にするパーソナルデータを入力していく。

初期登録では、さまざまな質問に答えていく
仕事の日や休みの日の過ごし方も聞かれる

普段はいている靴についても聞かれた。靴に合わせた提案が来るという
自分の体形についても質問がある

会員登録が完了すると、画面にスタイリストが表示されてLINE@に登録するよう促される。コハルさんという方が担当のようだ。コハルさんを友達登録すると、LINEで一対一のやり取りがスタートする。ちなみにLINEの対応時間は、平日の11:30~13:00、15:00~17:00と、土曜の11:30~13:00だ。それ以外の時間にメッセージを送ると、スタイリストからは対応時間外という旨のメッセージが自動返信される。

スタイリストからは、初回登録の内容に基づいて、詳細な質問や確認がされる。筆者が返信すると、コーデを提案された。「カジュアルな雰囲気で使い勝手がよい遊び心のあるイメージ」ということで、普段自分で服を選ぶ時にはあまり考えないラインだが、プロが選ぶなら大丈夫だろうと思い、今回は全てお任せしてみた。なお、アイテムの具体的な色や柄などの指定はできないが、「遊び心は抑えめに」などといった具合にコーディネートのイメージを相談することは可能だ。コーデが決まって発送されると、スタイリストから改めて連絡が来る。

会員登録が完了すると担当スタイリストが表示される。コハルさんのLINE@を友達登録するとLINEでやり取りがスタートする
スタイリストからはいくつか質問があり、返信するとコーデを提案される。今回は全てお任せしてみた

翌日段ボールが送られてきた。

MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL