セレナe-POWER 静かさと絶妙なワンペダル減速

モーター駆動のe-POWERをパワートレインとして採用した「セレナe-POWER」(税込み296万8920円から)
モーター駆動のe-POWERをパワートレインとして採用した「セレナe-POWER」(税込み296万8920円から)

EV(電気自動車)や自動運転機能によって、自動車はより安全で快適な移動空間になろうとしている。日産自動車が2018年3月1日に発売した「セレナe-POWER」は、これらの技術をミドルクラスのミニバンに採用した意欲的なクルマだ。実際に試乗してその乗り心地を体験してみた。

電力のみで走るマナーモードを搭載

セレナe-POWERが採用する「シリーズハイブリッド方式」はエンジンで発電してバッテリーを充電し、モーターでタイヤを駆動する。2016年11月に発売して大人気になった「ノートe-POWER」と同じ方式だが、さらに新しい機能を追加した。このパワートレインを、静粛性とパワーに欠けることが多いミドルクラスのミニバンに搭載するとどうなるのか。

モーター駆動により加速、巡航性能が高く、快適に走れる

試乗したところ、エンジンは常に動くのではなくバッテリーの充電状況に応じて動かして発電している様子。フロアカーペットやフロアマットが、エンジンの発する高周波数帯の音を程よく吸収している。トータルでの静粛性はアルファード・ヴェルファイアといったハイクラスのミニバンに近い。さらにセレナe-POWERは極力バッテリーのみで走行するマナーモードを備えており、EVのような静かな車内空間を保ちながら走ることも可能だ。このモードはノートe-POWERにはなかったものだ。

マナーモードで走行すると、耳に入ってくるのは同乗者の声と、タイヤが発するパターンノイズ・ロードノイズくらい。耳を澄ますと風切り音の侵入も確認できたが、微々たるものだった。かんに障るような音はなく、会話を阻害する要素は少ない。エアロパーツの形状を変更したのが生きている。

モーターで駆動するため、低速時からトルクの乗りがよく、最大トルクも320Nmと3000ccエンジンと同等クラス。クローズドコースでの試乗会時には、成人男性6人が乗り込んだが、その加速力はパワフルでスムーズ。これなら高速道路での合流時の加速も余裕であり、同乗者に不安を感じさせることもなくなるだろう。

ワンペダルで熟練ドライバーのようなブレーキングを実現

ノートe-POWERと同様、セレナe-POWERには通常のノーマルモードのほかにSモードとECOモードというモードがある。SモードとECOモードではアクセルペダルを離すとエンジンブレーキのように減速するワンペダル機構が使える。バッテリーに電力を蓄える回生ブレーキを積極的に使うためのシステムで、慣れれば思いのままにスピードコントロールができるようになり、緊急時以外はブレーキペダルを使わずに走れそうだ。なお、SモードとECOモードの違いは加速感で、Sモードだとノーマルモードより強く、ECOモードでは弱く加速する。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
渋滞も楽になるレベル2自動運転機能
MONO TRENDY連載記事一覧