SNS・通販…増えるアカウント 安全管理のツボは?

日経パソコン

Facebook では、投稿したメッセージはもちろん、「いいね!」やコメントの記録も確認できる。また、新しい機器からアクセスがあれば確認メッセージが表示されるので分かりやすい。

Googleの場合はアカウントの設定画面でアクティビティの確認ができる。「最近使用した機器」の一覧を見れば、不正なアクセスは一目瞭然だ。

Facebook の場合、メニューから最近の行動を確認できる。また、新しい機器からのログインがあれば、確認メッセージが表示される
Googleの場合は「アカウント」の設定画面で「マイアクティビティに移動」を選択。最近の行動や、アクセスがあった機器の情報を確認できる

Q 自分のメアドが漏洩していないか知りたい

メールアドレスをそのままIDとして使うサービスは多い。メインで使っているメールアドレスを全てのサービスで使うと、アカウント流出時に被害が拡大する危険性が高くなる。重要度の低いサービスはGmailなどの無料メールアドレスを使うなど、使い分けをしたい。漏洩していないか心配なら、「Have ibeen pwned?」で調べてみるとよい。

過去に流出したメールアドレスかどうかを確認できるWebサイト。「no pwnage found!」と表示されれば、流出していないことが確認できる

Q SNSが乗っ取られたときどうする?

SNSに覚えのないメッセージが投稿されている場合、アカウントの乗っ取りや、連携先からの無断投稿が考えられる。まずはパスワードを変更して外部からのアクセスを遮断し、怪しいメッセージを削除する。友人に被害が広がらないよう、お知らせやおわびを掲載するとよい。報告機能があるSNSなら運営側に報告し、怪しいSNS連携は解除しよう。

(文 鈴木真里子=グエル)

[日経パソコン2月26日号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧