1分ですっきり出ないと隠れ便秘 タイプ別・美腸習慣

日経ヘルス

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA
日経ヘルス

「毎日お通じがあるから、私は便秘ではない」と思っていないだろうか。日経ヘルス読者の約6割が、出ていてもすっきりしていない、時間がかかる「隠れ便秘」であることがわかった。

本来、お通じは「トイレで1分」&「スッキリ感がある」が基本。それが毎日続く「美腸」になるための習慣や対策を専門家に聞いた。

1分程度ですっきり出るのがいいお通じ

栄養の吸収や免疫などをつかさどる腸は、私たちにとって大切な存在。だが、お通じがよくないと、腸内環境が悪化して本領を発揮することができない。

日本初の便秘ガイドライン作成にかかわった横浜市立大大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室の中島淳教授によると、「いいお通じは、トイレにいったら1分程度で出て、残便感がない」と説明する。ただ「出る」だけでなく、「1分」というスピードと「すっきり感」が大事というわけだ。読者調査で便秘を自覚していたのは約4割だが、実際は約6割がすっきり感がない、時間がかかるなど自覚していない「隠れ便秘」だった。

最近まで便秘の定義は明確ではなかったが、2017年10月に消化器内科医らで組織する「慢性便秘の診断・治療研究会」は、『慢性便秘症診療ガイドライン』を作成。日本で初めて「便秘」を定義した。

それによると、便秘とは、「本来なら体外に排出すべき糞便を、十分量かつ快適に排出できない状態」のこと。これまでは「お通じが3日以上ないと便秘」といわれることが多かったが、「回数よりも、すっきり出たかどうかが重要」(中島教授)という。

なぜ「すっきり感」にこだわるかというと、それが「出しきった」ことの証しだから。「腹痛や腹部の膨満感、残便感があって困っているなら、医師に相談を」(中島教授)という。

また、「肛門は口の中と同じくらい繊細な感覚器官。ゴマ1粒分でもあれば違和感が残る。そんな状態では、何をしていてもお通じが気になって、毎日を楽しく過ごすのは難しいでしょう」(中島教授)。

注目記事
次のページ
専門家が薦める3つの「すっきり腸習慣」