マネー研究所

使わなきゃ損! 個人型DC iDeCo

貯蓄も投資もルール次第 新社会人のお金の基礎(下) ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

2018/3/30

写真はイメージ=PIXTA

 週明けには新社会人になる人たちにとって、「お金をためられる人は忍耐強い」といったイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはそうした人たちは自動的にお金がたまる仕組みをうまくつくっているのです。今回は新社会人生活をスムーズに始めるためにも、初任給を受け取る前に整備しておきたい家計管理や資産運用のルールなどについて紹介します。

■貯蓄・投資は手取りの2割を目標に

 初めて資産運用する際、その前提として貯蓄の習慣をつくることが大切です。そこで、手取り月収17万円の人の理想的な家計配分を例示しました。

 住居費は手取りの3割を上限とし、シビアな家賃で部屋探しをすることにします。貯蓄・投資は手取りの2割を目標とし、残った金額で生活費をまかないます。なお、生活費などですでに支払いが決まっている金額を集計し、無理が生じるとわかった場合は、貯蓄は2割にこだわらず月5000円などから始め、生活が軌道に乗ったら額を増やしていくのでも大丈夫です。まずは「習慣にする」「システムを作る」ことが大切なのです。定額自動入金など、手数料無料で毎月特定の金融機関の口座に先取り貯蓄できるサービスもあるので、利用するのも手です。

 一方、最近は少額から資産運用できる環境も整っています。投資を始めるのが早ければ、得られた利益をさらに投資に向けることができ、複利効果で運用の成績を上げることができます。投資に興味がある人は、最初は少額での投資にするなど、リスクをコントロールしながら取り組むのがよいでしょう。

■貯蓄の5~10%を投資してもいい

 貯蓄額の5~10%であれば、投資を検討してもいいと思います。例示のケースだと毎月約3万円は預貯金、数千円を投資に回すことを想定しています。1年ちょっと続けると約40万円の預貯金ができます。また、数千円ずつの投資であれば、自分の資産が相場に応じて上下するときにどういった感情を抱くかなど、ある程度余裕を持って自己観察することができます。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL