出世ナビ

キャリアコラム

孫さんも一目ぼれした「クイズ王」 目指すキャリアは

2018/4/1

東京大学の医学生で「クイズ番組」でも活躍する水上颯さん

テレビのクイズ番組に次々出演して一躍有名になった東京大学の水上颯さん(22)。開成高校から東大理科3類に現役合格、現在は医学部の学生だ。「イケメンクイズ王」と女性ファンも急増している。実はソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏も早くからのこのクイズ王に注目、「孫正義育英財団」の異才支援プロジェクトにも水上さんの知恵を借りたほどだ。クイズ王はどんなキャリアを目指すのか。

■孫氏から突然「会いたい」と

「突然、僕の先輩の先輩を通じて、孫さんが僕に会いたがっていると。大学1年生だから、2015年ですかね。なんであんな有名な社長がと驚きました」。東京都渋谷区の孫財団が提供する施設の一室で、水上さんは照れくさそうにこう話す。

当時、「未来の人材となる天才を探し、支援したい」と考えていた孫氏は、クイズ番組で水上さんを見て、「この子、すごいな。ぜひ会いたい」と一目ぼれ。東京都港区のソフトバンク社長室に招かれた水上さんは、「緊張していてあまり記憶していませんが、なんでそんなにクイズができるのか、いつから頭がよくなったのか、などと孫さんに質問攻めにあった」という。

大学2年生の時、水上さんは自ら志願してソフトバンクの人事部門で1カ月間のインターンを実施。その際、「異才を発掘するにはどうしたらいいのか」と問われた。水上さんは、優れた若手人材が集まるプログラマーのグループへのアクセス方法や東大の総長賞の存在など異才の発掘法について伝授したという。東大には毎年、独創的で優れた研究実績を上げた学生など表彰する制度がある。

海外を飛び回る孫氏は多忙。若い学生に会うことなど極めて珍しいが、「よっぽど気に入ったのか、水上さんとは何度も会っている」(孫財団)という。

孫氏は、水上さんらの助言も参考に異才支援プログラムをスタートした。全国から応募を募り、17年7月に書類選考や面接で8歳から26歳までの異才96人を選んだ。このなかに水上さん自身も含まれていた。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL