ビオラ・ダ・ガンバでバッハ 小池香織さん

16~18世紀の擦弦楽器ビオラ・ダ・ガンバの演奏家・小池香織さんが、この古楽器の普及に取り組んでいる。2017年10月にはバッハの作品を収めたCDを出した。バッハを弾きながら楽器の魅力と可能性を語る。

東京都立川市の立川福音自由教会。外の明るい冷気がステンドグラスを通じて礼拝堂を色鮮やかに照らす。門下生の演奏発表会を開く会場でもあるこの教会を小池さんが訪れた。彼女がケースから取り出したのはチェロに似た擦弦楽器、ビオラ・ダ・ガンバ(仏語名ビオール)だ。彼女はその楽器を弓で弾き始めたが、チェロとはどこか趣が異なる。

バイオリン属とは別系統の両脚で支えて弾く楽器

よく見ると、小池さんは両脚をOの字に広げてビオラ・ダ・ガンバを挟み、両足首で支えている。チェロではその胴体からエンドピンという棒が伸びていて、それを床に刺して弾くが、この楽器にはエンドピンがないからだ。ネックも幅広く、弦が7本も張られている。チェロやバイオリンの4弦よりも本数が多い。弓の操り方も珍しいスタイルだ。「ビオラ・ダ・ガンバでは弓を下からすくい上げて弾く。弓毛にも指を絡ませて、箸を持つように弓を持つ」と説明する。かつて親しまれ普及していた楽器でも、現代の光を浴びれば、再び目が慣れるまでは異形のイメージをまとうほかないかのようだ。

「いったん滅んでしまった楽器」と小池さんは話す。ビオラ・ダ・ガンバは16世紀から18世紀半ばまで欧州で普及していた擦弦楽器だった。現代まで続くバイオリン属のバイオリン、ビオラ、チェロとは全く別系統の擦弦楽器群を構成していた。「ビオラ・ダ・ガンバ」はイタリア語で「脚のビオラ」という意味。両脚で支えて弾くのがビオラ・ダ・ガンバ属の擦弦楽器だった。王侯貴族の宮廷や上流家庭のサロン、教会を中心に盛んに使われた。当時はビオラ・ダ・ガンバ属が上流階級、バイオリン属が下層階級の楽器と見なされる傾向もあったという。

しかし1789年のフランス革命を境に状況が激変する。欧州で自由・平等の人権思想が普及し、富裕な商工業者が台頭。市民社会が成熟していくにつれて、音楽も大きなコンサートホールやオペラハウスで多くの聴衆を集めて演奏されるようになる。バイオリン属に比べ音量が小さく、大ホールでの演奏に適さないビオラ・ダ・ガンバ属の楽器群は次第に使われなくなる。名手の死去もあり、18世紀末までには完全に姿を消してしまったといわれる。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧