健康・医療

from 日経Gooday

疲れない人が実践 スキマトレーニングとストレッチ プロトレイルランナー鏑木毅選手の健康マネジメント術(1)

日経Gooday

2018/4/9

49歳の今も現役のプロトレイルランナーとして過酷なレースに参加する鏑木毅さん、まさに「疲れ知らず」の人と言っていい
日経Gooday(グッデイ)

 プロトレイルランナーの鏑木毅さんは早稲田大学で箱根駅伝を目指すも故障で断念。群馬県庁に勤務していた28歳の時に、野山を走るトレイルランニングに出合い、プロトレイルランナーの最高峰の大会である総距離約170kmのレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」に、2007年から2012年まで連続出場、最高3位入賞という驚くべき成績を残す。40歳でプロになり49歳の今も現役で活躍する鏑木さんのインタビュー第1回では、県庁勤務時代に80kgに増えた体重をどのように1年で20kg近く落とし、忙しい合間にどんなトレーニングを積んだのかを伺った。

◇  ◇  ◇

2008年のウルトラトレイル・デュ・モンブランに参加した時の様子(写真提供=鏑木さん)

 中学から陸上を始め、高校時代は長距離選手として練習していましたが、オーバーワークからの座骨神経痛により、目立った成績を残せませんでした。その後、二浪して早稲田大学に進学し、念願だった競走部に籍を置くことに……。浪人時代のブランクを取り戻し、Aチーム(箱根駅伝の正メンバー)に入ろうと、人の何倍もの練習をした結果、大学2年生の時にAチームに入ることができました。しかし、予選会を目の前に再び座骨神経痛に悩まされ、結局、箱根駅伝出場の夢は断たれてしまいました。陸上にささげた学生時代は、やることが何もかもうまくいかない日々の連続でした。

 大学を卒業後、故郷の群馬県庁に就職した私は、学生時代の挫折から自暴自棄になって走ることから離れ、仕事が終わった後の一杯が楽しみになりました。1週間で4~5日は飲みに行くような生活を送っているうちに、体重が50kgを割るような体形から、いつしか80kgオーバーに……。しかし28歳の時に、そうした生活が一変するどころか、その後の私の人生が大きく変わる出合いがありました。それは、地元紙でたまたま見かけた山の中を走り回るトレイルランニングのリポート記事。それを読んだ私は衝撃を受け、「やってみたい!」と強く思ったのです。

 しかし、不摂生な生活が長かっただけに、すぐに過酷なトレイルランニングの練習を開始できるわけがありません。まずは脂肪をまとった80kgの体を絞ることが先決でした。

健康・医療

ALL CHANNEL