奨学金が返せない 原因は学費より「一人暮らし」

日経DUAL

親の貯金や収入が少ない場合は学費・生活費の支払いに多額の奨学金が必要です。すると卒業するころには数百万円の借金を抱える……という報道で見かけるような状況になります。

自宅か一人暮らしか? それが問題だ

やはり奨学金は多額の借金を作り出す危ない仕組みだ……と思うかもしれませんが、自宅から大学に通える家庭であれば負担すべき額は大幅に減ります。そして就職後も、自宅からの通勤では返済時の状況も全く違います。実家か一人暮らしかの違いは、在学中の生活費のみならず、返済時の状況にも強く影響を与えます。

初任給で一人暮らしをしながら返済する場合は、奨学金の返済が重くのしかかります。一方で、実家に住んで家にお金を入れない、もしくは数万円を親に渡す程度なら奨学金の返済に困ることはまずありません。

奨学金の返済で困っている、自己破産に陥った、という報道を目にした際はぜひ丁寧に確認してください。そのほとんどが在学中と就職後のどちらか、あるいは両方で地方から上京して一人暮らしをしているケースです※。

例えば、奨学金を毎月10万円、総額で480万円借りた場合、現在の金利水準であれば毎月の返済額は月額2万573円、総額で約493万円です(日本学生支援機構、第二種奨学金、2017年3月の固定金利・0.27%で計算。返済期間は20年。期間保証制度を利用した場合、別途約26万円の保証料が必要)。

総額で見ればかなりの額ですが、毎月の返済額である2万円は自宅から通勤する人にとって決して大きい負担ではありません。就職に失敗してフリーターになったとしても、返済できないことはまずありません。

東京など首都圏の最低賃金で100時間ちょっと働いて10万円も稼げば、奨学金と自身のお小遣い、家に入れる生活費は十分賄えるでしょう。加えて、自宅からの通学でここまで借り入れ額が増えるケースは、私立理系で親の学費負担がゼロに近いケースです。

このように見ていくと、奨学金の問題は教育費の問題に見えて、実は生活費の問題であることが分かります。現在、教育費無償化の議論も出てはいるものの財源の問題で実現はかなり難しいように思います。仮に大学の費用が無料になったとしても一人暮らしをすれば結局多額の生活費がかかります。教育費の無償化ですべての問題が解決するわけではありません。

※一人暮らしに加えてもう一つ返済に困るケースで多いのが母子家庭です。母子家庭や父子家庭には進学に当たって援助があってよいかもしれませんが、これは学費の問題ではなく社会保障の問題です。

多額の奨学金返済は「事前に」分かる

以上のように考えると、奨学金で返済に困ったり自己破産に陥ったりしやすいケースは、上京して一人暮らしをしながら通学して多額の生活費がかかり、就職後も一人暮らしで返済をする人という、ある程度限定された状況であることが分かります。加えて、そういった状況になりやすいかどうかも事前に分かります。

つまり親が大学の選択肢が多い都市部に住んでいれば、在学中と就職後の両方とも一人暮らしになる可能性は(本人があえて選ぼうとしなければ)低いわけです。偶然、運悪く、想定外の状況で多額の奨学金返済を抱える可能性は極めて低いと言えます(逆に言えば地方在住で進学先が限られる場合は、苦しい状況になる可能性が高いと言えます)。

自分が教育費や奨学金のアドバイスをするタイミングは相談に訪れた夫婦が家を買うタイミングです。まだ若く、子どもは未就学児で大学進学は10年以上先の話です。奨学金の不安は多額の借金であることに加えて、発生するかどうか分からないという面も大きいと思われます。

ただ、すでに書いたように東京やその近辺で家を買う夫婦であれば、「首都圏で交通の便がそれなりにいい場所に家があれば、返済に困る状況にはまずなりません」とハッキリとアドバイスできます。この話をするだけでほっとした表情になる方は少なくありません。

中嶋よしふみ

ファイナンシャルプランナー、シェアーズカフェ代表取締役社長。新聞・経済誌・ウエブメディア等で執筆・取材協力多数。対面ではファミリー世帯向けにプライベートレッスンを提供中。お金よりも料理が好きな38歳。

[日経DUAL 2018年3月6日付記事を再構成]

注目記事