新学期の子供用電子辞書 実践的か楽しさ重視か

日経トレンディネット

左からシャープ「Brain」 PW-SJ5(実勢価格3万4000円前後)、カシオ「EX-word」XD-Z3800(実勢価格2万5000円前後)
左からシャープ「Brain」 PW-SJ5(実勢価格3万4000円前後)、カシオ「EX-word」XD-Z3800(実勢価格2万5000円前後)
日経トレンディネット

今どき、中高生の辞書といえば「電子辞書」だ。わが家でも中学生の子どもが通う塾の先生から「電子辞書を使うように」と勧められ、悩んでいる。そこで、電子辞書の2大メーカーであるシャープとカシオ計算機の「中学生用電子辞書」を検証することにした。シャープ「Brain」PW-SJ5とカシオ「EX-word」XD-Z3800を実際に試して、基本的な使い方から気になる英語の学習機能までを試してみた。同じ中学生用の電子辞書だが、そのキャラクターは明確に分かれた。

ハードの違いは?

シャープ「Brain」PW-SJ5は、液晶を約360度回転させることで、スマホやタブレットのように使える「学習スタイル」と、ノートパソコンのように使える「調べるスタイル」の2つが選べるオープンデザインを採用している。

液晶は5.5型854×480ドットで、明るく、電車の中などで見るときもハッキリ見える。サイズは幅152.4×高さ18.4×奥行き96.5mm(閉時・突起部含む)、重さは約270g。カラーはブルーとネイビーの2色から選べる。

PW-SJ5はこのように360度回転させて使える

バッテリーは充電式で、付属のアダプターを使って、繰り返し充電できる。また、市販のモバイルバッテリーも使うことが可能だ。

カシオ「EX-word」XD-Z3800の液晶は、5型528×320ドットで、PW-SJ5と比較すると少し小さめで暗く感じるが、画面のテカリが抑えられているので、照明などは反射しにくく場所によっては見やすく感じる。サイズは幅148.0×高さ18.5×奥行き105.5mm(閉時、最厚部)。重さはPW-SJ5と同じく約270gで、PW-SJ5よりも奥行きが大きい。カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色。

「乾電池のほうが、外出先で電池が切れてもすぐに買えるので安心」という人も多い

単3形アルカリ電池2本を使用し、パソコンや別売USB-ACアダプターからのUSB給電も可能なので、出先で電池が切れてしまっても、市販の単3電池を購入して使用できるメリットがある。

キートップはPW-SJ5のほうが大きい。配列は好みがあると思うが、筆者はPCのキーボードに慣れているので、決定キー(Enterキー)が大きく、右下にあるPW-SJ5が打ちやすかった。また、PW-SJ5は1~0までの数字の割り当てがある。例えば、検定モノなど答えを番号で選ぶコンテンツでキーボードが使えるので便利だ。

左がPW-SJ5、右がXD-Z3800。打ち心地に関しては「PW-SJ5のほうが好み」と娘
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
カラフルで楽しいシャープ
MONO TRENDY連載記事一覧