WOMAN SMART

ライフスタイル

心理学が解決 ストレスゼロ片づけ&癒やしの部屋作り

日経ウーマン

2018/3/30

写真はイメージ=PIXTA
日経ウーマン

仕事の不安や疲れを引きずって、家でも休まらない……。そんな悩みを、心理学で解決! 気持ちの切り替えがうまくなる過ごし方や、ストレスがたまらない片づけ方を身に付けよう。

■収納に押し込んでOK 見える範囲をきれいに

「心理的に落ち着く部屋には法則がある」と話すのは、空間心理カウンセラーの伊藤勇司さん。最近はミニマリストのように「何もない」生活を良しとする傾向が強いが、「落ち着く部屋の定義は人によって違う」と言う。

「人は緊張した状態のとき、視線をモノに逃がすと落ち着きます。ですから、部屋が片づかないと悩む人は、実は不安やストレスを抱えているのかも。そういう人が、急に部屋からモノをなくしてしまうと落ち着きません。好きなモノは残しつつ、空間を雑多に見せているものだけを片づけるのが正解です」

片づけも、最初から「捨てる」ことは考えず、ひとまず収納に押し込んで、「パッと見きれい」にするだけでOK。「気持ちいいという感覚に慣れてくると、収納に詰め込んだものも片づけたいと思うようになり、無理なく片づけられるようになります」

落ち着く部屋の法則を、具体的に見ていこう。

■RULE1:帰宅後に最初に見る玄関を居心地良く片づける

帰宅後、最初に目にする玄関が気持ちいいと、気分をリセットしやすい。「帰宅してすぐに『すがすがしい』という感覚を得ることで、仕事モードをオフにできます」。スペースが小さく、片づけへの心理的ハードルが低い点も、最初に取りかかるのにぴったり。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL