「激情型」は生来のパワハラ上司 人事上の判断が必要

部下としては、このタイプの人には好かれればよいのかというと、それも一概に肯定できません。こちらが辟易(へきえき)するほどにつきまとう傾向の人もいて、私の知る例ではセクハラ的な行為につながってしまったこともありました。

このように説明しても、なかなか具体的なイメージが浮かばないと思いますので、まずは私の経験した事例を紹介しましょう。

部下の些細な一言で、突然の逆上と罵声

あるメーカーの営業担当の常務取締役、Eさんからの相談でした。

「私の下にいる営業部長のFが、部下ともめ事を起こして、大きな騒ぎになってしまいました。いったい何が起きたのか探ってくれないでしょうか」

E常務によると、それまで部長のF氏は穏やかな人と認識されていたそうで、なぜこんなことになったのか、見当がつかないというのです。

そこで事情を探るべく、F部長、さらにはもめ事の一方の当事者である課長のGさん、さらにはF部長が率いるチームのメンバーに事情を聞きました。

すると、F氏にはE常務には見せない「裏の顔」があることがわかったのです。

部下たちの証言を総合すると、F氏はこういう人でした。

確かに普段は穏やかであるのは間違いない。しかし、E常務をはじめ、社長など自分の上の立場にいる人には挨拶を欠かさない一方で、部下に対しては自分から一切挨拶をしない。

部下に対しても、好き嫌いがはっきりしすぎており、自ら話しかける部下と、まったく話しかけない部下がいて、それぞれの部下から相談事があった場合でも、その対応ぶりには大きな違いがある。

部長になったといっても、特に現場の営業担当として大きな成果を上げたわけでも、課長時代に部署の成績を伸ばしたわけでもなく、社長や常務に媚(こ)びを売って気に入られ、部長に取り立てられた、と部下たちは暗黙のうちに了解していた――。

周囲からこのように見られていたため、当然、部下からの評判は押しなべてあまり高いとは言えない状況でした。

では、F部長とG課長との間に何が起こったのでしょうか。

もともとG課長は仕事もでき、順調に成果を出してきたため、F氏のお気に入りの部下でした。何かというとGさんを頼りにし、よく部の運営についても相談している姿が目撃されていました。

事情が大きく変わるきっかけは、部長によるGさんの目標設定面談でした。

当時、F氏の要請で営業部員が増員されていたことから、会社全体の予算で利益見込みが対前年比プラスに設定されており、そのため売上目標も大幅に増額されていました。

それまでG課長は自分の担当する課のノルマは達成し続けていたのですが、目標額がアップしたことにより、今回は未達になってしまいました。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
「人事上の判断」でしか、真の解決はできない
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら