MONO TRENDY

AVフラッシュ

人気の「1万円」レコードプレーヤー 音質向上に挑戦 「年の差30」最新AV機器探訪

2018/4/3

世界的に人気が再燃しているアナログレコード。レコードプレーヤーは日本では1万円以下の安価なものが人気だ。写真はION AUDIOの「Max LP」(写真 田口沙織)

アナログレコード人気の影響もあり、売り上げが好調なレコードプレーヤー。その中でも6割をしめるのが「1万円以下」で買える製品だ。初めてレコードプレーヤーを買った平成生まれのライターが、よりいい音を求めて、6000枚以上のレコードを持つ昭和のオーディオ・ビジュアル評論家のスタジオをたずねた。1万円プレーヤーの音は改善されるのか。

◇  ◇  ◇

アナログレコードが人気だ。日本レコード協会の調査では2017年のアナログレコード生産実績は106万枚と、01年以来の100万枚超えを記録。18年にはソニー・ミュージックエンタテインメントが29年ぶりにレコードの自社生産を復活させた(記事「レコード生産復活のソニー アナデジ融合の新メディア」参照)。

レコード人気にともない、レコードプレーヤーの販売も拡大している。調査会社のGfKジャパンによれば、17年の家電量販店におけるアナログレコードプレーヤーの販売台数は、13年と比較して3割ほど多かったという。

実は平成生まれのライター・小沼も、1年ほど前からION AUDIOの「Max LP」を使用している(購入時の価格は9860円)。最近は若いアーティストがアナログレコードだけで作品をリリースすることもあり、そうした場合にひとまず聴けるように、と思って買ったものだ。使ってみると盤に針を落とす時の感覚や温かみのある音が心地よく、限定リリースに限らずいろいろと買って楽しんでいる。

せっかくレコードプレーヤーを手に入れたのだから、アナログの世界をもっと楽しみたい。そこでこのMax LPを昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家、小原由夫さんの自宅スタジオへ持ち込み、よりよい音で聴くワザを教えてもらうことにした。

これが1万円で買えるレコードプレーヤーMax LP。シンプルなデザインもいい

■1万円以下でもいい音で楽しみたい

小沼(26歳のライター) 今回は小原さんの自宅スタジオで、僕のMax LPを使ってレコードを聴いてみようという企画ですが、ここで見るMax LPは自宅で見るよりも高級感が漂いますね!

小原(53歳のオーディオ・ビジュアル評論家) そうですか? そんな中言い出しにくいですけど、これはひとまずレコードを再生できるというレベルでしたね。

小沼 いきなりばっさりですね(笑)。

小原 一通り聞いてみましたが、音質や音の広がりなど、すべてにおいて力不足。やっぱり、レコードを趣味で楽しむならプレーヤーとアンプがそれぞれ5万円、スピーカー10万円の計20万円は出してほしいところです。

小沼 に、20万! 僕にとって、ここ数年で一番高い買い物は7万円の自転車なんですが。確かにきっといい音なんでしょうが、今の若者がレコードを楽しむのに20万円出せるかというと、難しいと思います。実際、GfKジャパンの調査では17年のアナログレコードプレーヤーの価格帯別の数量構成比は、1万円未満の商品が6割。一方、5万円以上の商品は8パーセントとなっています。そこで、今回は1万円のレコードプレーヤーをより良い音で楽しむ方法を教えてもらえないかと思っているのですが……。

小原 わかっています。そう思って、今日はいろいろと考えてみましたよ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL