MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

自宅のWi-Fiが遅い そんなときに試したい改善策3つ 我が家のWi-Fi高速化計画(中)

日経PC21

2018/3/30

なお親機の中には、ファームウエアを自動で更新する機能を持つ製品もある。親機を購入したら、まずは最新のファームウエアにアップデートし、さらに自動更新をオンにしておこう。セキュリティ上の脆弱性をなくす更新処理なども自動で実行されるので、あとはほったらかしで済む。

■改善策3 ほかの親機との競合を調整

近隣にあるほかの親機が同じ周波数帯の同じチャンネルを使っていると、通信速度が低下する。Wi-Fi機器同士なら混信による通信不能には陥らないが、競合防止の処理をする分だけ、遅くなってしまうのだ。そんなときは、ほかの親機と違うチャンネルを使うように設定変更することで、速度が向上する可能性がある。

実際にチャンネル変更を試す前に、まずはWi-Fiで利用する周波数帯の基本を押さえておこう。

Wi-Fiでは2.4ギガ帯と5ギガ帯の2つの周波数帯を利用するが、それぞれの周波数帯はさらに細かい帯域に分けて管理されている。これらをチャンネルと呼ぶ。

Wi-Fiで使う周波数帯は複数の帯域に分割されており、各帯域をチャンネルと呼ぶ。実際に使うのはそのうちのいくつか(通常は自動設定される)。近隣にある親機と違うチャンネルを使うように手動で設定すれば、速度向上が期待できる

2.4ギガ帯を使う802.11nは13のチャンネルに分かれているが、実際には前後2つ分ずつ(合計4つ)の周波数帯を通信に利用する。完全に重なりを防ぐには、親機同士が2、6、10などと4つ飛びで使う必要があり、数が多いとどうしても重なってしまう。

一方、5ギガ帯の11acでは19のチャンネルを使う。チャンネル番号は36、40、44などと飛び飛びになっており、あらかじめ帯域が確保されている。

11nの2.4ギガ帯は全部で13のチャンネルに分かれている。一方、11n/ac の5ギガ帯では19のチャンネルが利用でき、各親機は1つのチャンネルの周波数帯しか使わないので、競合する可能性が少ない

基本を理解したら、実際にチャンネルの混雑状況を把握し、親機の設定を見直してみよう。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL