スマートスピーカーは過渡期 音声操作は家電の標準へ西田宗千佳のデジタル未来図

「スマートディスプレー」が続々と登場する
「スマートディスプレー」が続々と登場する

2017年末に登場したスマートスピーカーは、音声で操作できるデバイスとして話題になった。18年はスマートスピーカーとディスプレーが合体した「スマートディスプレー」が、米グーグルやソニーなどから続々と登場しそうだ。さらにスマートスピーカーやスマートディスプレーといった専用機器だけでなく、テレビを含めてあらゆる既存の家電に「スマートスピーカー機能」が入る未来も見えてきた。

グーグルは夏までに「スマートディスプレー」を製品化

現在グーグルは「スマートディスプレー」という製品群を、複数の企業と共同で開発中だ。発売時期は18年第2四半期。そろそろ、具体的な製品の発売時期などが出回り始めるころだ。

スマートディスプレーとは簡単にいえば、「ディスプレーが付いたスマートスピーカー」である。スマートスピーカーは音声での質問や命令に音声で応答してくれる。だが、応答を文字や絵でも表示してくれればもっと便利である。スマートスピーカーの主な用途として音楽再生があるのに対し、スマートディスプレーでは動画再生を強く意識している。手軽にYouTubeを見る機器としての役割はかなり大きいのではないだろうか。

CESのグーグルブースに展示されたスマートディスプレー。左上がJBL、左下がLG、右の列の2つがレノボの製品だ
レノボのスマートディスプレー。18年夏に発売予定だが、日本での販売予定は明らかになっていない

試作品の姿は、18年1月に米・ラスベガスで開催されたテクノロジーイベント「CES 2018」に、すでに展示されていた。グーグルが開発したリファレンス・プラットフォームを基盤に、レノボ・JBLが第一弾製品をこの夏に、ソニーとLGエレクトロニクスがその後に発売する予定になっている。リファレンス・プラットフォームが厳密に規定されており、それに従って作れば、比較的早期に製品化が可能である。そのため、スマートスピーカーと同じように、複数のメーカーから様々なデザインの製品が出てくると予想される。

次のページ
アマゾンはすでに製品化済み
MONO TRENDY連載記事一覧