グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

煮干しでパスタ シェフのひらめき、だしでイタリアン

2018/3/26

「sisi煮干啖」自慢の新感覚の煮干しパスタ「にぼたん」

 老舗百貨店や商業施設が立ち並び、オフィス街としても知られている東京・日本橋。そんなビジネスパーソンが集まる街で2017年10月、昼間のみの営業の煮干しパスタ専門店がオープンした。その名も「sisi煮干啖(ししにぼたん)」。

Summary
1.有名イタリアンのオーナーシェフが日本橋で新感覚のパスタ専門店を開業
2.栄養価が高い煮干したっぷりの新感覚パスタ「にぼたん」
3.自然派ワインと煮干しパスタの組み合わせも楽しめる

 店名から想像するのは中華か、イタリアンか。 オレンジ色のドアが印象的な同店は、オープンしてから3カ月余りで、今や知る人ぞ知る店として連日行列ができる。

 一度聞いたら忘れられない店名の由来は、店舗の外観を見れば想像できる。一風変わった看板のロゴは、花札の「獅子に牡丹」からデザインしたもの。「獅子に牡丹」、読めば「ししにぼたん」だ。これが店名となった。

 店内は、入り口から一直線に伸びるカウンター12席のみが並ぶコンパクトな造り。木を基調とした温かみのある店内は、パスタを提供するイタリアンとは違った雰囲気。聞けば、同店が入る前はラーメン店だったのだとか。

 12時を過ぎるころは、近隣で働く人を中心にカウンターは満席となる盛況ぶりだ。

 注目したいのが店内に描かれたやわらかいタッチのユニークな壁絵。こちらも獅子に加え、煮干しとワインなど意外な組み合わせが描かれている。まさに「獅子に牡丹」の世界観が表現されている。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL