大雪で倒産が増える? 経済の足引っ張る天候不順

今年の花粉症商戦の行方は(写真は都内のドラッグストア)
今年の花粉症商戦の行方は(写真は都内のドラッグストア)

大雪や台風、ゲリラ豪雨が経済の足を引っ張っています。天候不順や自然災害にいかに対応するか、企業にとっても重要な課題になっています。

関東地方では今年1月、2014年の豪雪以来、4年ぶりの大雪が降り、2月には北陸地方で大雪が続きました。民間調査会社、帝国データバンクが過去に大雪が原因で倒産した事例を調べたところ、08~17年の累計で21件。14年の9件が最多で、16年の4件、15年の3件と続きます。農林漁業、食品製造・卸売業、旅館・娯楽業の倒産が目立ちました。同社東京支社情報部の下麻奈美氏は「過去の傾向では、大雪の影響で倒産する企業が出るのは数カ月後。今年は大雪による倒産が高水準になる可能性がある」とみています。

昨年夏も多くの地域で天候が不順がちでした。三菱UFJリサーチ&コンサルティングは例年、東海3県の遊園地・テーマパーク、動植物園や文化施設といった主な集客施設を対象に夏休みの集客実態を調べています。昨年は、調査対象の88施設のうち、47施設で集客数が前年を下回りました。台風、ゲリラ豪雨、土日・祝日の雨天のためにイベントを中止した施設が多く、35施設が雨天が集客に悪影響を及ぼしたと回答しました。

同社の内田克哉主任研究員は「天候不順は過去にもあったが、猛暑やゲリラ豪雨が頻発するようになったのは最近の傾向で、施設の側も天候不順に対応し始めている。例えば、総合リゾート施設、ナガシマリゾート(三重県)は屋内施設を増やして『3世代で楽しめる』とアピールし、集客数トップを続けている」と指摘します。

天候不順は経済全体にどの程度、影響を与えているのでしょうか。内閣府による2月の景気ウオッチャー調査(街角景気)では、景気の実感を示す現状判断DIは48.4(原数値)で好不況の分かれ目となる50を1.6ポイント下回りました。三井住友アセットマネジメントの宅森昭吉理事・チーフエコノミストは同調査のコメント欄を精査し、1.6ポイントのうち0.4ポイントが「大雪」、0.1ポイントが「気温」の影響だと試算しています。

宅森氏は「厳冬で1月までは冬物衣料の売れ行きが良かったが、寒さが続いた影響で2月は春物の出足が鈍った。大雪が降った地域では外出が減り、消費やサービス全般にマイナスの影響が出た」と分析しています。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
宅森昭吉・三井住友アセットマネジメント理事・チーフ
今こそ始める学び特集