WOMAN SMART

白河桃子 すごい働き方革命

テレワークは許可不要、上限なし 日本マイクロソフト 日本マイクロソフト 岡部一志業務執行役員(上)

2018/3/28

(右)岡部一志業務執行役員コーポレートコミュニケーション本部長、(左)Officeビジネス本部の輪島文シニアプロダクトマネージャー(写真:吉村永、以下同)

 日本マイクロソフトは2011年のオフィス移転、東日本大震災、ビジネスモデルの転換などをきっかけに、新しい働き方の実現を目指してきました。その目玉となったのが、「テレワーク勤務制度」。制度導入に当たり就業規則を変更した結果、勤務場所や利用頻度などに制限はなく、上司の許可も不要というもの。日本マイクロソフトの岡部一志業務執行役員、Officeビジネス本部の輪島文さんに聞きました。

■全社員が利用

白河桃子さん(以下、敬称略) 日本マイクロソフトと言えばテレワークで有名です。1月には、関東地方で大雪が降りましたが、社内ではどのように対応されていたのでしょうか。

岡部一志さん(以下、敬称略) 弊社には社員の安全を管理するセキュリティーの専門チームがあって、もし大雪や大規模な台風などの天候不良が予報に出た場合、事前に全社員に向けてアラートのメッセージを発信します。社内では既に当たり前のように活用されていますので、そのアラートのメッセージを受けて、各部門のリーダーが「あすは無理せずテレワーク勤務で」とか、「早めに帰宅してテレワークに切り替えよう」と自然に呼びかけるようになっています。

 もっと言えば、社員一人ひとりが自分で判断する習慣がついています。その結果、大雪の日は、私のフロアでは夕方の時点でほとんど社員がいませんでした。

白河桃子さん

白河 既に根付いているんですね。テレワークを実際に活用している社員の比率はどのくらいでしょうか。

岡部 ほぼ100%です。まず、就業規則の中で、テレワーク勤務制度として「全社員がテレワークを活用することができる」と定めています。上司に許可をもらったり、事前に申請をしたりする必要もありません。すべて自分で決めることができるのです。

白河 誰の許可制にするかどうかは、導入したい企業にとって重要なポイントです。許可をもらう必要なしなんですね。どのような形であれ、業務スケジュールをこなせばいい、ということですね。

岡部 そうです。ただ、上手に活用するためには、上司はもちろんチームで情報共有することが大切です。正確なスケジュールを見える化し、共有するところから始めます。

白河 こうしてフレキシブルな働き方が実現したのですね。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL