反発心から師匠のヒゲを失敬 一流料理人への第一歩にオテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三国清三氏 (上)

――ユニークな小紋が入ったネクタイをされていますね。

「ニンジンです(笑)。私は午(うま)年生まれなのでニンジンだと話が盛り上がるでしょ? 食べ物やコック帽など、料理に関係した柄のネクタイを100本ほど持っています。フランス製が多いかな。あちらは遊び心のネクタイがうまいですね」

■スーツは30年、同じテーラーで

――スーツはどこで仕立てていますか。

スーツは30年ほど同じテーラーで仕立てている

「30年ほど同じ都内のテーラーです。私は今63歳ですが料理人という職業ゆえか、毎年服のサイズが変わります(笑)。毎年寸法を測り直して作ってもらっています。このスーツも脇に『サシ』が入っているのが分かりますか? きつく感じるようになったらここを外して大きくするのです」

――襟の赤いピンは何ですか。

「フランスのレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章の略綬です。フランス料理を世界に紹介した功績として15年に授与されました。日本人はほとんど気がつきませんがパリなどで着けているとレストランの一番良い席に通されたりして便利なのです(笑)、フランスは一種の階級社会ですからね」

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019