「君を副社長に」が愛の告白に? thinkが招く大誤解デイビッド・セイン「間違えやすい英語」(11)think

言葉の使い方を間違えて相手に誤解されてしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんが、日本人が間違えやすい英語の使い方を解説します。今回は、think の使い方。日本人がよく使うよく単語ですが、使いすぎるとヘンな誤解も招きます。

◇  ◇  ◇

勉強するときはいつも完全を目指す。しかし会話をするときは通じることを目指す。これが英会話には必要なポイントです。相手を前にして英語を話すときは、完璧な英語でなくても構いません。間違いがあってもいいのです。フレンドリーに笑顔で話せば、不完全さは補われます。間違いを恐れず英語を話しましょう。そして勉強するときは完全を目指しましょう。

副社長の任期満了に伴い、ABC社でもそろそろ新副社長の話題が出始めました。田中社長は仕事の能力も高く、部下や同僚の信頼も厚いナンシーを念頭に入れています。ナンシーの気持ちを聞くべく、田中社長は自分の考えを伝えたのですが。またしてもナンシーは「不可解」の壁に遭遇することになります。

それはこんな会話でした。

President Tanaka: We need to find a new vice president.
Nancy: Yes, I know.
President Tanaka: Well, you're all I think about.
Nancy: You know I'm married. I'm not interested in you.
President Tanaka: Ah, I know...but...

日本語に訳してみるとこうなります。

田中社長:我々は新しい副社長を見つけなければならないんだが。
ナンシー:ええ、そうですね。
田中社長:そこでだが、君が頭の中から離れないんだ。
ナンシー:私は結婚しています、ご承知でしょうけど。あなたに特別な関心はありません。
田中社長:あっあ、知っているよ、けど…

愛の告白? そう思われても仕方のない田中社長の発言。You're all I think about. 「あなたは私が考えるすべてなんだ」すなわち「君のことが頭の中から離れない」の意味。下手すればセクハラ・パワハラに取られかねない発言になってしまいます。

では、どう言えばよかったのでしょう?

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
この際おさえておきたいthinkの使い方
今こそ始める学び特集