日経PC21

出色なのは1.73ギガクラスの「WN-AX2033GR」(アイ・オー・データ機器)。価格が1.3ギガクラス並みに安い。ただし2.4ギガ帯の11nが300Mbpsで、搭載CPUも880MHzとやや低速。接続する子機が少数で壁(11acは遮蔽物に弱い)が少ない住環境なら最右翼といえる。

アイ・オー・データ機器「WN-AX2033GR」(実勢価格:約7500円) ■最大通信速度:1733Mbps(11ac)、600Mbps(11n)■ストリーム数(送信X受信):4×4(2.4ギガ帯は2×2)■接続台数の目安:16台■MU-MIMO対応

1.3ギガクラスでは「WG1900HP」(NECプラットフォームズ)をお薦めしたい。ストリーム数は「3×3」だが、受信アンテナが4本あり安定した通信が見込める。価格が安いのもうれしい。

NECプラットフォームズ「Aterm WG1900HP」(実勢価格:約9000円) ■最大通信速度:1300Mbps(11ac)、600Mbps(11n)■ストリーム数(送信X受信):3×3■接続台数の目安:非公表

866メガクラスでは、コスパの高い「WRC-1167GHBK2-S」(エレコム)を一押しとしたい。

エレコム「WRC-1167GHBK2-S」(実勢価格:約6000円) ■最大通信速度:867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)■ストリーム数(送信X受信):2×2■接続台数の目安:15台■MU-MIMO対応

(日経PC21編集 安藤正芳)

我が家のWi-Fi高速化計画
5年前より3倍速い 最新Wi-Fiルーター選び4つの条件
自宅のWi-Fiが遅い そんなときに試したい改善策3つ
ルーターの場所でWi-Fiは速くなるか 4つの実験

[日経PC21 2018年4月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧