趣味・ガジェット

Bizギア・フラッシュ

吉田カバン、ブリーフケースもカジュアル路線が人気 人気バッグブランドの今春注目ブリーフ(中)

2018/3/23

吉田カバンの人気ブランド「ポーター」の注目ブリーフケースを紹介する

最近、ビジネスリュックが人気だが、どんな場面でも対応できる使いやすさを考えると、やはりブリーフケースが魅力的。そこでTUMI、ポーター、ブリーフィングという人気3ブランドから注目のブリーフを紹介する。第2回に取り上げるのは、吉田カバンの人気ブランド「ポーター」。ブリーフケースでもカジュアルなものが人気だという。

■使いやすさと印象的なカラーが魅力

「PORTER LIFT 2wayブリーフケース」(3万1000円) サイズ:W41×H30×D7~12cm ※価格はすべて税抜き

「ビジネススタイルのカジュアル化に伴い、ブリーフケースでもネイビーなどブラック以外の色の売り上げが伸びている」と話すのは吉田カバン広報の阿部貴弘氏。それを象徴するのが、「PORTER LIFT」シリーズ。ビジネスバッグとしてはカラーバリエーションが豊富なことから人気が高いという。

「LIFTは弊社全体でも10位以内にランキングしているシリーズで、カジュアルな印象を好む方からも支持を得ています。中でも、2wayブリーフケースは、直近3年間で売り上げが約130%に伸びている人気モデルです」(阿部氏)

ハンドルの付け根にスマートフォンやパスケースの収納に適したスリットポケットを備える

本体生地には、2種類の糸を高密度に織り上げたオリジナルのナイロンツイルを使用。極細の糸を用いて厚手の生地に仕立てることで、軽量ながらボリューム感のある生地を実現した。光沢感も上品で、ブラック以外のカラーでもしっかりビジネスに対応する。

メインコンパートメントに多彩なポケットを備えるほか、ハンドルの付け根付近にスマートフォンやパスケースなどが入るスリットポケットを配置。使用頻度の高い小物をすばやく取り出せるように作られている。また、背面にはキャリーケースとセットアップできるポケット搭載し、ファスナーを開くとマチ幅を拡張できるなど、ポーターらしい使い勝手のいい機能が満載だ。

■軽量ながらも自立する独自設計

「PORTER STAGE 2wayブリーフケース(L)」(2万5000円) サイズ:W42×H30×D13cm

カバンが自立し、大容量で収納力の高い2つのコンパートメントが前面と背面に付いたブリーフケース。コンパートメントは大きく開くように設計されており、荷物を出し入れしやすいのも魅力だ。

前後2層式と大容量なうえ、大きく開くのでペットボトルや折りたたみ傘もすっきり収納できる

素材には、軍装品などにも用いられるという高強度の中空糸を平織りしたオリジナル生地「Airtec1680」を採用。一般的なナイロン糸に比べて20%軽い中空構造の糸で織り上げているため、1680デニールという厚手でタフな生地でありながら、カバン自体は1000gを下回る非常に軽量な仕上がりとなっている。

内装には15インチのノートパソコンが収納可能なテープを搭載。背面にキャリーケースとセットアップできるテープを備える。底鋲付きのため、外出先などで床に置いてもカバンの底が傷みにくい。

趣味・ガジェット 新着記事

ALL CHANNEL