MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

夜間操作禁止やアプリ制限機能 TONEがiPhoneでも 佐野正弘のモバイル最前線

2018/3/22

また一般的なフィルタリングアプリの場合、子どもがネットなどで解除方法を探し、解除されてしまうことも多い。だがトーンモバイルのスマホはハードとサービスが一体となっており、より深いレベルでの制限をかけられることから、子どもにフィルタリングが解除されることはないという。そうした取り組みが評価され、「TONE m15」が全国子ども会連合会の推奨商品として認定を受けたり、TONEファミリーがスマホとしては唯一東京都推奨の認定を受けていたりする。

シニア向けには専用の用紙に記入して、写真を撮るだけで設定ができる「撮るだけ設定」や特殊詐欺電話を防止する「あんしん電話」、運動量に応じてTポイントがもらえる「お元気ナビ」などの機能を用意している。

■SIMと見守りサービスをiPhone向けにも提供

それだけ独自のハードと一体でサービスを提供することにこだわりをみせてきたトーンモバイルが、18年2月20日に「TONE SIM(for iPhone)」というiPhone用のSIMを4月上旬より提供することを発表した。

このサービスは文字通り、iPhone向けのSIMによる通信サービスで、基本的にはiPhoneを持ちたい子どもをターゲットにしたものになるという。専用アプリのインストールなど、いくつかの事前設定によって、TONEファミリーなどトーンモバイルが提供する機能の多くが利用可能になる。利用時間制限なども、iOSに搭載されているデバイス管理機能を活用して実現しているという。トーンモバイルが独自に開発した技術によって、子どもが利用制限を解除できないような仕組みも取り入れている。

トーンモバイルは2月20日にiPhone用のSIM「TONE SIM(for iPhone)」の提供を発表。専用の端末だけでなく、iPhoneでも同社のサービスが利用可能になるという(写真提供:トーンモバイル)

通信部分は、データ通信速度が500~600kbpsで、IP電話の利用が可能であるなど、基本的にトーンモバイルの従来のサービスに準拠している。価格は1500円[注]と、独自端末のときより少し高くなるが、通信容量の制限はなく、大手キャリアと比べたら大幅に安価だ。

[注]家族の中にトーンモバイルの端末を利用しているユーザーがいない場合は、TONEファミリーの利用料が月額200円かかる

同社はこれまで独自の端末による垂直統合型のサービスに力を入れてきたが、ここにきてiPhone向けのSIMを提供するに至ったのはなぜだろうか。トーンモバイルによると、やはり国内での圧倒的なiPhone人気が大きく影響しているようだ。

■圧倒的なiPhone人気が背景

日本はスマホ利用者のうち半数以上がiPhoneを利用しているともいわれる「iPhone大国」であり、その傾向は子ども世代でも変わらない。トーンモバイルの資料によると、iOSの利用者比率は全年齢で66.2%、高校生でも65.4%に達するとのことで、同社にも「iPhoneでサービスを使いたい」という声は、以前より多数寄せられていたという。トーンモバイルの独自端末だけでは、iPhoneを使いたい中高生のニーズに応えきれなかったようだ。

またトーンモバイルによると、17年6月に総務省が携帯大手3社に対し、新規端末の価格を中古端末の買取価格より高くするよう求める指針を打ち出したことで、中古携帯電話市場の活性化が進んでいるとのこと。それに加えて、ユーザーが古いiPhoneを手元に残しているケースが多く、その数が3600万に達しているという。そうした中古iPhoneの利活用を広げるという側面も、今回のサービス提供の背景の一つとなっている。

ただ今回のサービスでは端末とSIMを別々に提供するため、それらをセットで提供していた従来のサービスと比べると、消費者が「難しい」と感じてしまう懸念がある。トーンモバイルは、TONE SIM(for iPhone)をオンラインでのみ販売する。そのため、使い方はWebサイトや動画などで説明したり、電話によるサポートで対応したりすることを念頭に置いているという。だがより幅広いユーザーに利用してもらうためには、消費者により優しいサポート体制、例えばトーンモバイルの端末を販売しているTSUTAYAの店舗で、SIMの挿入から設定までをサポートするなどの取り組みも、今後必要になってくるかもしれない。

佐野正弘
福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
アルペンが「脱Tポイント」 楽天と提携する理由とは
日経クロストレンド
パナソニックの中国家電事業が好調な理由
日経クロストレンド
ほろ酔い英会話も TOEIC運営団体が「脱テスト」
日経クロストレンド
セブンが「nanaco」から「7pay」に移行 その狙い
ALL CHANNEL