タクシー運賃、自由じゃだめ? 配車増えれば効率向上

これに対し、需要が多いときの価格が上がりすぎるとの懸念からダイナミックプライシングに反対する意見も強くあります。東京経済大学の青木亮教授は日本への導入に「かなり問題がある」と話しています。

タクシー各社は2月、ソニーやトヨタ自動車といった異業種と組んで配車アプリ開発に乗り出すと相次いで発表しました。国土交通省は迎車料金を時間帯によって変える制度の実証実験を検討しています。配車が増えた先にタクシー運賃のあり方が変わるのかはまだ見通せませんが、デジタル技術の進化が一石を投じているのは確かです。

青木亮・東京経済大学教授「自由運賃だと不当に高くなる」

タクシー業界には公共交通であるという理由から多くの規制があります。公共交通における運賃の考え方などについて東京経済大学の青木亮教授に聞きました。

――ウーバーのようなダイナミックプライシングを日本に導入することをどう考えますか。

青木亮・東京経済大学教授

「私は問題がかなりあると思う。だれでもいつでも決められた料金を払えば使えるというのが公共交通の特性だからだ。さらに独占禁止法の考え方がある。(消費者にとって)交通サービスは普通の財と違い、その場で消費するしか選択肢がない。例えば、スーパーで水を買うときには、値段が高くてもその場で買うことができるし、毎日値段をチェックして安いときにまとめて買うこともできる。水は保存しておけるので、値段の高い水を買うのか、安い水を買うのか、選択肢がある。これに対し、交通サービスはあらかじめ買っておくことができず、その場で消費するしかない。そのため、供給側は不当に高い運賃を設定することができてしまう。それでは消費者が困るので、例えば週末の夜など需要が多くなるときには、運賃を上げるのではなく、供給量を増やして対応しなさいということになっている」

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら