くしゃみ・鼻水… 花粉症って、かぜとはちがうの?

スーちゃん 最近、お母さんがいつもマスクをつけているよ。くしゃみや鼻水がたくさん出て毎日大変そう。「今年も花粉症(かふんしょう)の季節になったのよ」って悲しそうに言ってたけど、かぜとはちがうのかな。

花粉を体が追い出そうとしているんだ

森羅万象博士より お母さんはきっと「スギ花粉症」だね。春が近づくとスギの木の花粉がたくさん空中を飛ぶので、花粉症の人はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、なみだ、目のかゆみなどの症状(しょうじょう)に苦しむんだ。春はワクワクする明るい季節のイメージがあるかもしれないけど、花粉症の人にとってはあまりうれしい季節じゃないんだね。

花粉症は「アレルギー」という病気の一種だよ。外からきた花粉を体が追い出そうとして起こる反応なんだ。鼻に花粉が入ったらくしゃみでふき飛ばしたり、鼻水で洗い落とそうとしたりするよ。目に花粉が入ると目がかゆくなり、なみだで洗い流そうとするんだね。

体は外からきたじゃまものをやっつけようと抗体(こうたい)というたんぱく質を作るんだ。ふたたび花粉が体に入ってくると抗体が働き、体内でヒスタミンなどの化学物質が出てくるよ。この化学物質がくしゃみや鼻水、目のかゆみなどを引き起こすんだ。

外から入ってきたじゃまものから体を守る仕組みを免疫(めんえき)というよ。花粉症では花粉に対して免疫があまりに強く攻撃しようとして、くしゃみや鼻水といった症状がひどくなってしまうんだ。決まった相手に、免疫の働きが強くなりすぎることをアレルギーというんだよ。

かぜやインフルエンザでも免疫が活躍するよ。病気の原因になるウイルスが体の中に入ってくると、免疫によって熱やせきが出るんだ。病気にはなりたくないから、やっつけようとするんだね。

ところが花粉症のようなアレルギーは人によって起きたり起きなかったりするんだ。