日本酒もファッションも「他と同じ」はつまらない旭酒造会長 桜井博志氏(上)

旭酒造の桜井博志会長
旭酒造の桜井博志会長

日本酒の人気ブランド「獺祭(だっさい)」。その蔵元、旭酒造(山口県岩国市)の桜井博志会長は、伝統的な杜氏(とうじ)に頼らない酒造りを確立、最先端の醸造技術を駆使し、日本酒ファンをうならす純米大吟醸を完成させた。酒造りにとどまらず、装いでも独自のこだわりを貫く桜井会長に聞いた。

後編「海外なら和服で決まり! 『見せるべき姿』を意識」もあわせてお読みください。




――服装で心掛けていることは何ですか。

「日本のビジネス社会からすると、少し違和感のある服装をするようにしています。その立ち位置が据わりが良い。あくまでクラシックなファッションマナーに沿って、しかも一般のビジネスパーソンが着ない格好です」

――確かに金融界などでは見られない装いですね。

「大企業の中では自己規制があると思います。ありがたいことに私は中小企業のおやじですから、逆に、同じ姿ではないことを要求されていると思いますね。これは獺祭の立ち位置とも一致するのです」

「獺祭」を手にする桜井会長(右はフランス料理の著名シェフ、ジョエル・ロブション氏)
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019