WOMAN SMART

グルメ・トラベル

お湯の中から夜桜、千本桜 夢みたいなお花見温泉 キレイになれる温泉の秘密

2018/3/14

オーベルジュ内子の温泉に入って眺めるぜいたくな夜桜

気がつけば、春はすぐそこに。今年の桜はどこで眺めましょうか。まだまだ寒さも残る季節ですから、あたたかい温泉に入って桜を眺めるお花見温泉はいかがでしょうか。とっておきの2カ所をお教えします。

■幻想的な夜桜をお湯の中から眺める

白壁の街並みがすてきな愛媛県内子町。町を見下ろす丘に立つ「オーベルジュ内子」は、桜の宿でもあります。温泉から眺める桜はソメイヨシノで、例年4月初旬に満開を迎えます。

大浴場は、内湯と露天風呂の間にシンプルなガラス窓。静かに注がれる温泉は水鏡となって、幻想的な夜桜を映します。お湯に入ると水面が揺らいで、はらはらと散る桜吹雪のよう。何ともぜいたくな花見です。

内子温泉はpH値10.5と高いアルカリ性。古い角質を落としてすべすべ肌に導きます。源泉は冷鉱泉。湯口からはそのままの冷たい源泉をかけ流していて、触れるととろりとした感触。湯船の中は適温に保たれるように加温循環させるこだわりの設計です。

ヴィラタイプの宿泊棟は内子の街並みが一望できる

桜の花のピンク色は、眺めているだけでなんだか幸せな気分になってきます。この宿の敷地には、ソメイヨシノのほかにも八重桜など40種類もの桜があります。開花の時期が異なるので2週間以上も桜を楽しめます。ソメイヨシノの後は八重桜。宿泊するヴィラ棟から桜を楽しむなら4月中旬が狙い目です。

伝統和紙を使ってデザインされた部屋は優しい雰囲気

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経ARIA
日経ARIA創刊 大人の「働く・学ぶ・遊ぶ」を讃えよ
日経doors
doors世代がやってきた! 目指せ自由な働き方
日経DUAL
筑波大学附属小が実践 失敗にめげない心の育て方
日経ARIA
河瀬直美 スピルバーグ監督との約束は「ハングリー
ALL CHANNEL