前田敦子 「毎日着ける」、母とおそろい記念のピアス

「素敵なダイナマイトスキャンダル」に出演した前田敦子さん。20歳のときに買ったピアスをほとんど毎日着けているという
「素敵なダイナマイトスキャンダル」に出演した前田敦子さん。20歳のときに買ったピアスをほとんど毎日着けているという

AKB48でトップアイドルとして活躍した後、女優に転身。映画、ドラマ、舞台で様々な役柄に挑んでいる前田敦子さん。彼女が見せてくれたのは、「これだけはなくしたくない」という大切なピアスだった。

◇  ◇  ◇

「私、よくモノを落として、なくしちゃうタイプなんですよ。イヤリングなんかも、いつのまにか取れてなくなっちゃう。それで20歳になったころ、落ちないように、ピアスの穴を開けたんです。周りからは『開けるのは良くない』と言われたんですけど、それでも、おしゃれしたいな、と思って。

このダイヤのピアスは、当時、二十歳になった自分へのプレゼントとして買ったものです。高かったのですが、『これから仕事がうまくいくように』という願掛けの意味も込めて、奮発しました。それに、穴がふさがらないように毎日何か着けてなきゃいけないので、せっかくなら本当に良いものを着けていたいなと思って、これにしました。

20歳の記念にお母さんとおそろいで買ったピアス

実はこのピアス、2組買ったんですよ。二十歳になったし、お母さんにちゃんとしたプレゼントをしたいなと思って、お母さんの分とおそろいで。お母さんも私も肌が強い方じゃないので、『これだったら大丈夫かな?』と思ったのも、選んだ理由でしたね」

20歳になった2011年は、AKB48選抜総選挙で1位になり、さらに映画やゴールデンタイムのドラマの主演に初めて挑戦した年。「人生で一番忙しかったです。もう覚えてないくらい」と笑うが、それでもどうしても欲しかった記念のもの、それがこのピアスだ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
限界は作りたくない
MONO TRENDY連載記事一覧