MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

肉体酷使の女優仕事 奈津子が手放せない癒やし家電 奈津子の家電選び後輩目線

2018/3/13

女優、タレントの奈津子さんが「もう手放せない」という癒やし系グッズ2つを紹介

 地方ロケのために長時間移動したり、ハイヒールを履いたままで1日中収録をしていたりという毎日を送る女優の奈津子さん。そんな仕事の現場で「もう手放せない」と感じた2つの癒やし系家電を紹介します。

◇  ◇  ◇

 家電女優の奈津子です。あすはホワイトデー。バレンタインでチョコを贈った女性はそれなりに苦労して選んでいるのですから、ちゃんとお返しをどうするか考えてくださいね。期待しない素振りを見せていたとしても、お返しのクオリティーが高かったときには相手のことを余計好きになっちゃいますから!

 とはいえお返しにアクセサリーはちょっと重いです。かといって花やお菓子は消耗品で記憶に残りません。じゃあ心に残る、最適な贈り物とは何か………。それはズバリ癒やし系グッズです!

 そこで今回は、私が仕事の現場や自宅で使ってみて「これをもらったら女性は絶対にうれしい」と感じている癒やし系グッズ2つを紹介します。実際、私はもうこれなしには暮らせない(笑)。もちろん女性だけでなく男性でももらったらうれしいと思いますよ。

■クッション×マッサージャーという手軽さ

 1つめは、ドリームファクトリーの「ドクターエア 3Dマッサージクッション」(実勢価格1万6800円)。一見するとシンプルなビーズクッションですが、電源をオンにすると中央の4つのもみ玉がぐるぐると稼働し、ゴリゴリと体のツボに対して強力にアプローチしてくれます。

「カラーバリエーションはピンク以外にブラウンもあります」
「もみ上げともみ下げ、もみ上げ+ヒーター、もみ下げ+ヒーターの4パターンが選択できます。LEDの色は青がヒーターオフ、赤がヒーターオンです」

 クッションの中のビーズが動くことで、体が包み込まれているかのようなフィット感を得られるのが、ほかの製品にはない、大きな特徴です。

 本体は幅385×高さ165×奥行き375ミリメートル、重量1.6kgのコンパクトサイズ。これならお部屋にもオフィスにも置きやすいですね。約15分の自動オフタイマー機能付きな点も安心。本格的なマッサージチェアのように、体の広範囲を一度でカバーすることはできませんが、場所をとりませんし、何よりも「ちゃんと気持ちいい」のが大きなポイントです。

 私にとってうれしいのが、バッテリーを内蔵している点。コードがないので体の各部位にあてやすいですし、約150分も使用できるので、外に持ち出して電源がないところでも使うこともできます。これは魅力です。

「営業回りや立ち仕事などでむくみがちな脚や太ももの場合、こんなふうに本体の上に乗せると楽チンです」
奈津子イチオシが首と背中のマッサージです。このように下に敷くと体の重みが加わるので、ほかの部位よりもよりしっかりとしたもみ心地が感じられます

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL