オリパラ

パラアスリート 夢を追う

座った姿勢で高速滑降 悲願の金へ、トヨタも技術協力 森井大輝選手、平昌パラでアルペン5種目にフル出場

2018/3/9 日本経済新聞 朝刊

パラリンピックアルペンスキー男子座位の森井大輝選手

 「金メダル」への枕ことばとして「悲願の」をつけるのにふさわしいアスリートは限られる。長い競技歴、誰もが認める実力、頂点にあと1歩届かなかった過去のストーリー……。これらがあいまってこそ、「悲願」の響きが胸をうつ。

 3月9日に開幕する障害者(パラ)スポーツの祭典、平昌パラリンピックで、まさに「悲願の金メダル」を狙うのがアルペンスキー座位の森井大輝選手(37、トヨタ自動車)だ。

ターンの精度の高さが森井選手の強みだ

 国際パラリンピック委員会(IPC)が公認する国内大会、国際地域大会、ワールドカップ(W杯)、そして世界選手権というすべてのカテゴリーで幾多の優勝をなし遂げ、W杯の総合優勝も昨季までの2年連続を含め3回。しかし、パラリンピックの金メダルには縁がなく、過去4大会で銀が3つに銅1つ。だから今回は「是が非でも金メダルを取りに行きたい」と意気込む。

 前回のソチ大会でもチャンスはあった。スーパー複合前半の回転でトップと0秒81差の3位。十分巻き返せるタイム差だったが、後半のスーパー大回転で転倒。「転ぶ前のターンはすごくタイトに入れたが、次のバーンが荒れていて反動が来た。でも攻めてタイトにが僕のスタイルなので、後悔していない」と話す。

 旗門に直線的に入るタイトなライン取りを可能にするのが、「世界の誰にも負けない」と自負するカービングターンの精度だ。祖父の手ほどきで4歳でスキーを始め、バイク事故で車いす生活になった高2の時はスキー部で高校総体を目指していた。

 その健常者の感覚が生きたのか、事故翌年の冬にチェアスキーに乗ると、1本板ながら「あっという間に急斜面から何からすべてのコースを滑れた」。「1ターンもずらさず、健常者と同じように滑る」理想を追求した先に、雪面を切るカービング技術が完成した。

 ソチで外国勢の追い上げを実感し、アスリート雇用でトヨタ自動車に転職。そこで勝つための新型チェアスキーの開発を訴えると、3年前にプロジェクトがスタート。17年秋、熱意にほだされた多数のエンジニアが新型チェアスキーを作り上げた。

 軽量化とともに衝撃に耐える剛性もアップ。「自分の思ったラインに板を乗せやすくなった」と手応えあり。シート位置の調整幅もこれまでのセンチ単位からミリ単位が可能になったことから、「細かいセッティングが出せるので、より速く滑れるポジションを探し求めている」と寸暇を惜しんで用具をいじる。

 アルペン全5種目に出場する。種目を絞ったらという周囲の助言もあるが、「すべてはいただいたチャンスなので、フルスイングでいきたい」ときっぱり。それでこそ「悲願」が成就すると信じている。

(摂待卓)

[日本経済新聞朝刊2018年3月4日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL