マネー研究所

タスヴェリ

若者の人生変えるAI 丸の内より渋谷の方が抵抗強く 恋愛や人材探しもAIアプリが取り持つ時代に

日経ヴェリタス

2018/3/8

丸の内と渋谷でAIと恋ができるか聞いてみた
日経ヴェリタス

 人工知能(AI)が人間にどんどん近づいている。三菱総合研究所の予測によると、2025年にヒトと自然なコミュニケーションができるようになり、2030年ごろにはAIが「人格」を備える可能性すらあるという。

 感情を持つAIが登場したとき、人間とAIは深いコミュニケーションをとれるのだろうか。もっと言えば「人間はAIをどこまで愛せるのか」。それは人間とAIとの関係を測る、究極の問いかけだ。

 東京・丸の内と渋谷とで「AIをどこまで愛せますか?」と街頭インタビューしてみた。事前予想では、丸の内に勤める会社員には「AIと恋なんてできるわけがない」と一笑に付される一方で、若者の多い渋谷ではそれなりに肯定的な回答が得られると踏んでいた。

■若年層は「人とのつながり」を重視

 しかし、結果は意外だった。丸の内より渋谷の方が、AIに対する疑いや抵抗感が強かったのだ。

東京・丸の内ではAIに対し肯定的な見方が多かった

 オフィス街の丸の内では「AIにはしがらみのないコミュニケーションを期待できるのではないか」(40代男性)、「筋道の通った理想的な会話ができそう」(20代女性)といった肯定的な意見が多く聞かれた。

20代の男性介護士は「AIは細かい人間関係までマネできない」と話す(東京・渋谷)

 渋谷は違った。ある男子高校生はやがてAIが人間の職を奪う将来が来ることを危ぶみ、「機械やAIには好感が持てない」と話す。20代介護士の男性は、日々の介護経験を踏まえて「人間関係の細かいところをAIがマネできるとは思えない」と語っていた。渋谷の方がよほど保守的だと感じた。

 もっとも若年層が、AIを全否定しているわけではない。SNS世代の若者が重視する価値観は「人と人とのつながり」だ。そのつながりを求めるためにAIを積極活用する動きはむしろ増している。

■AI婚活アプリの料金は男性3900円

 サイバーエージェント(4751)傘下の婚活アプリ会社で社長を務める寺田遥氏(35)は、「SNSでつながり合う若者は『人間関係を壊したくない』との心理が強く働き、職場や学校といった実際のコミュニティから結婚相手を探すのを避けたがる」と話す。身近なコミュニティが結婚相手の対象から外れるとなれば、見知らぬ人々の中から相手を探さなければならない。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL