こんな就活生は嫌だ 人事に聞く「説明会の歩き方」お悩み解決!就活探偵団2019

イラスト=篠原真紀
イラスト=篠原真紀

3月から経団連企業の採用活動が解禁になり、会社説明会が一斉に始まった。6月の選考解禁まで各地で説明会が相次ぐ。2019年卒の就活生にとっては業界・企業研究を深める絶好の機会だが、うまく活用するには注意も必要だ。探偵(記者)が実際に足を運び、採用担当者の声などから、最新版「会社説明会の歩き 「よく知らない会社だったが、話を聞いてみたら面白かった」。東京大学本郷キャンパス(東京・文京)で開かれた大学などが主催する合同説明会。東大理系大学院1年の男子学生は、約50社の参加企業のうち、ある製薬大手のブースに足を止めた。

就活を始めたばかりで志望業界は絞り切れていないが、「好印象だったので、受けてみたいと思った」という。

インターネットでの情報収集では、やはり限られた業界のみに注目しがちだ。説明会に足を運ぶと、思いも寄らない企業との出合いがある。

登壇者以外に注目

就活探偵団2019

就活探偵団は就活生の悩みを探偵(日経記者)が突撃取材で解決する連載企画。春までは基礎編と位置付け、新就活生に必要な心構えや、就活準備に役立つ情報を掲載します。

そして、説明会の醍醐味といえば、何といっても企業の関係者と直接話ができることだろう。

幕張メッセ(千葉市)で1~2日に開催されたリクルートキャリア(東京・千代田)主催の合同説明会。会場のあちこちで就活生が採用担当者に質問する姿が見られた。

大規模な合同説明会では、人気企業の講演会などのイベントに定員を上回る学生が殺到する。イベント終了後は、登壇した採用担当者を学生が取り囲む質問タイムもおなじみのものだ。

中には学生の数が多すぎて、個別の質問ができないまま心残りな表情で立ち去る学生も――。

いや、ちょっと待って欲しい。探偵は、ブースの後方で手伝っている人たちに目を向けた。登壇者だけが注目されがちだが、会場には関係者が多数来ている。その中には実は採用担当者をはじめ、昨年の内定者(18年卒学生)が手伝いに来ていることも多い。

探偵が話しかけてみると快く応じてくれたケースが多かった。登壇者以外の社員にも目配りし、積極的に話しかけてみてはどうだろうか。

さて、説明会で学生に取材をしていると、こんな疑問の声を耳にした。

「スタンプラリーがあるって本当ですか?」

これは会社説明会を巡る一種の都市伝説で、毎年話題に上る。

企業はこの時期、説明会をいくつかの日時・場所に分けて複数回実施している。そこで、「あの会社は説明会に最低3回参加しないと受からないらしいよ」などと噂が出ることがある。これが通称「スタンプラリー」だ。

説明会=選考の不安

合同企業説明会で企業の担当者の話を聞く就活生(1日午前、千葉市美浜区の幕張メッセ)

実際どうなのか。説明会であちこちの企業に聞いてみたが、「説明会への参加履歴はチェックしているが、選考時の評価には関係ない」(大手信託銀行)といった回答が大半だった。

スタンプラリーの存在は確認できなかったが、「やはり何度も足を運んでくれるとプラスの印象が残りますよね」(日用品大手)とする声もあった。

そもそも経団連指針によると3~5月末の時期は、企業は選考をしないことになっている。しかし学生の間では「説明会が選考に結びついているのでは」という疑問が拭いきれない。このあたりも都市伝説が生じる要因のひとつではないだろうか。

肝心の質問についても、採用担当者からは様々なアドバイスがあった。

「ウェブサイトで調べたら分かるような質問ではなく、聞くに値する質問を考えてほしい」(通信大手)という指摘はもっともだろう。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
空気を読もう
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録