トレンド

一粒で二度おいしい「織り感」際立つ紺無地ジャケット オフィスで品格を保つコーディネート

MEN’S EX

2018/3/13

MEN'S EX

 春夏の紺無地ジャケットは、織り感の際立つざっくりした無地が趣味良く見えて、使い勝手もいい。甘い織りのホップサックやメッシュ系は見た目もドライで通気性も抜群。杢や多色使いの自然なメランジ感もざっくり素材の魅力だ。その表情豊かな風合いは、様々なアイテムと馴染みやすく着回しもしやすい。




無地見えするからビジネスでも使いやすい

 オフィスでも離れた席から見ると無地だが、打ち合わせや会議の席で近くに寄ると、織り感が胸元を立体的に演出。織りの絶妙なニュアンスがコーディネートにも奥行きを与えてくれるのだ。紺無地の正統感が醸し出す風格と相まって、信頼を勝ち得る良きビジネス着になるはずだ。

■LUIGI BORRELLI
ルイジ ボレッリのネイビーダブル

■没個性にならない味わい深い表情■ シャツ2万2000円/バグッタ(トレメッツォ) タイ1万2000円/アルテア(ビームス ハウス 丸の内) パンツ9800円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 鞄27万5000円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)

立体的な胸周りと柔らかさが魅力
 ダイアゴナル調の綾織り生地が軽快さを演出する6Bダブル。軽量ながら、フル毛芯仕様による胸元が男らしさを主張する。フロントボタンの間隔も狭く、シャープでコンパクトな印象を与える。
13万8000円(ビームス ハウス 丸の内)

■BRILLA PER IL GUSTO
ブリッラ ペル イル グストの3者混ジャケット

ミックス感のあるデニムカラーが旬
 メランジ調の風合いは、ロロ・ピアーナ社製のウール×シルク×リネンの混紡素材によるもの。軽い仕立てながらも胸回りに一枚毛芯を用いることで、立体的なシルエットに。ややワイドなラペルも男性らしい風格をさらに高める。
8万円(ビームス ハウス 丸の内)

Latest