アーサー、プレスター・ジョン、女教皇 謎の英雄3選科学で迫る世界のミステリー

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

アーサー王を描いた14世紀のタペストリー

世界には、多くの英雄伝説がある。国や民族を救った偉大な王、病気に苦しむ人々を治療した聖人などさまざまなタイプがあるが、実際に存在した人物なのか、願望から生まれた夢物語なのか、わからないものも少なくない。ナショナル ジオグラフィックの別冊『今の科学でここまでわかった 世界の謎99』でも、そのような伝説のいくつかを取り上げている。その中から、「アーサー王」「プレスター・ジョン」「女教皇ヨハンナ」という3つの伝説を紹介しよう。

英国の英雄アーサー王

アーサー王誕生のいきさつについては、一般に次のように認識されている。「『あなたこそがこの国の王になるお方に違いありません』とサー・エクターがアーサーに言った。『なぜ私なのですか。どうしてですか』とアーサーが問うと、エクターは『神がそのように思し召しなのです。この剣は、この国の正統な王になる方にしか抜けないのです』と答えた」

15世紀にトーマス・マロリーが小説『アーサー王の死』を書いたときには、アーサー王はすでに超自然的な力を持つ王として英国人の心に定着していた。だが現代になると、アーサー王が実在したのか否かが歴史家の間で議論になった。6世紀のケルト人の修道士ギルダスは、500年ごろに侵入してきたサクソン人とブリトン人の戦いについて記しているが、アーサーのことには触れていない。

武将としてのアーサーに初めて言及したのは、9世紀のウェールズ人の歴史家ネンニウスだ。中世のジェフリー・モンマスの『ブリタニア列王史』では、アーサーは王に昇格し、王妃ギネヴィア、マーリンなどの人物も登場する。現在、歴史学者の見解は分かれている。

アーサーがいたとされる時代に残された記録がないことから、アーサー王は後の世の創作だという説がある。その一方で、証拠がないということが、実在しなかったことの証拠にはならないと主張する研究者もいる。現代では実在していたことが判明している歴史上の人物が、かつては作り話だとされていた例はいくらでもあるというのだ。考古学上の証拠が発見されない限り、この議論に決着がつく日は来ないだろう。

キリスト教国の王プレスター・ジョン

プレスター・ジョン(19世紀の本に書かれた挿絵)

12世紀のヨーロッパで、十字軍を救う救世主として大いに歓迎された英雄がいる。謎のキリスト教国の王プレスター・ジョンだ。そのいきさつは次のようである。

1165年頃、ビザンチン帝国皇帝のマヌエル・コムネノスは驚くべき書簡を受け取った。送り主は、歴史上もっとも偉大な王に匹敵する人物で、しかもキリスト教徒のプレスター・ジョンだという。東方の豊かで魅惑的な王国を統治しており、「我が国は72の王国を従えている」と書かれていた。領土には、ゾウ、グリフィン、鬼女、巨人、サテュロスなどが住み、貧者、姦夫(かんぷ)、泥棒、守銭奴はいないという。だがヨーロッパ人が一番心引かれた点は、プレスター・ジョンが聖地に軍隊を派遣し、ムスリムと戦うと書いていることだった。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
伝説の女教皇ヨハンナ
ナショジオメルマガ