イケメンピアニスト大井健がビジュアル戦略

ピアニストの大井健(たけし)氏が2月14日に初の映像作品を出した。自作の作曲過程や私生活のドキュメンタリーと、演奏シーンという内容。2015年のメジャーデビュー以来、テレビCMへの出演や「鍵盤の貴公子」のイメージで女性ファンを増やしてきた。演奏家にとって「ビジュアル」はどんな意味を持つか。バレンタインデーのリサイタル直前に話を聞いた。

バレンタインデーに押し寄せる女性ファン

2月14日のバレンタインデーに開かれた「大井健ピアノ・ラブ・ザ・ムービー・プレミアムコンサート」。会場のハクジュホール(東京・渋谷)は全300席がほぼ満席。見渡す限り、幅広い年齢層の女性客で埋まった。貴公子然とした華麗なピアノ演奏、甘いマスクにスマートな身のこなし、それに軽妙な語り口。絵に描いたような「かっこいいピアニスト」の姿が現前する。クラシックには珍しいトーク入りの公演に観客は聴き入り、「貴公子」を見つめ、笑いを漏らし、拍手喝采する。

公演後、同日発売となった大井氏初の映像作品「ピアノ・ラブ・ザ・ムービー~ミュージック・ドキュメンタリー・フィルム~ブルーレイ」(発売元 キングレコード)の特設売り場に女性ファンが押し寄せた。CDやブルーレイ・ディスクを購入した客がサイン会のために長い行列をつくり、大井氏と対面して握手を交わす。「これを受け取ってください」とプレゼントを持参した女性客。ファンレターとチョコレートの山が築かれていく。

15年7月にCDアルバム「ピアノ・ラブ」をキングレコードからリリースしソロメジャーデビューした。これまでにCDを2枚出し、今回の映像作品が3作目。「『ピアノ・ラブ』というコンセプトで進めてきた音楽活動の集大成にしようと思った」と大井氏は語る。なぜ映像作品なのか。「メジャーデビュー後初めての全国ツアーが17年に実現した。自作を含めアルバムに収めた曲をたくさん弾いたが、多くのお客さんから演奏のライブ感が気に入ったとの声が寄せられ、ぜひ映像作品を作ってほしいという要望をもらった。自分でも新たなチャレンジとして映像作品を残したいと考え、取り組むことにした」と説明する。

初の映像作品は演奏シーンとドキュメンタリー

映像作品は東京都庭園美術館(東京・港)での生演奏と、新曲ができるまでの大井氏の私生活などを密着撮影したドキュメンタリーによる2部構成。「ピアノ・ラブ」のCD2枚からの人気曲と新曲、CD未収録のクラシック作品を弾いた。ピアニストの映像作品にはコンサートを丸ごと収め、リハーサルのシーンが少し入るパターンが多い。これに対し大井氏は「庭園美術館でコンセプチュアル(観念芸術的)なスタイルで映像を撮り、アートな雰囲気にしたかった」と言う。さらには「ピアニストが普段どう考え、どんな練習をしてコンサートに臨んでいるか、皆さんが興味を抱く内容をドキュメンタリータッチで収めた」と説明する。

エンタメ!連載記事一覧