グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ フライドポテト、切り方いろいろ味変わる

2018/3/25

一番人気はシューストリング

複数のSNS上でアンケートにご協力いただいたところ、かなりの接戦ではあったが、一番人気は「シューストリング」、次点は「ウェッジカット」となった。どうやら、油がおいしい時は「ウェッジカット」で、カリカリの食感を楽しみたい時は「シューストリング」という嗜好の人も多いようだ。大手ファストフードチェーンがいずれもこのどちらかのカットを採用している影響もあるかもしれない。

また、興味深いことに、ある一定の年齢層以上はクリンクルカットを懐かしむ傾向があり、こちらはたぶん当時スーパーマーケットで広く市販されていたフライドポテトがそのカット方法だったからであろう。沖縄県では地元ファストフードチェーンがカーリーカットを採用しているせいか、カーリーカットに人気が集まるなど、地域色も見られる結果となった。

フライドポテトの材料 材料はシンプル

フライドポテトを家庭で作る場合は、いくつかコツがある。コツさえ守れば、お店の味に近いものができあがるので、面倒くさがらずに、下ごしらえを行ってほしい。ポイントは「焦らず、丁寧に、余裕を持って」だ。

<材料(1人前)>

ジャガイモ(今回はメークイン)1個 / 揚げ油 適宜 / 塩 お好みのもの

<作り方>

(1)シューストリングにカットして、表面をさっと水で洗い流す。これによって、表面のでんぷんが取り除かれ、べとべとせずにカリッと仕上がりやすくなる。

切ったジャガイモは必ず水洗いする

(2)キッチンペーパーで(1)の水気をしっかり拭き取る。こするのではなく、並べて、上からキッチンペーパーを重ねて、かるくたたくようにしながら。これで油はねを防止し、カラッと揚がる。

(3)鍋にたっぷりの油を入れて、160℃まで加熱する。油が少なすぎると上手に揚がらないので、ジャガイモが隠れるくらいの量の油を使うこと。

(4)(3)に(2)を入れて、きつね色になるまで揚げる。一気に入れすぎると油の温度が低くなりすぎてべたつきの原因となるので、一度に揚げる量は鍋の面積の半分以下にする。

一度に揚げる量は鍋の面積の半分以下に

(5)きつね色になったら、網じゃくしでフライドポテトをすくい、まずは鍋の上で上下に振ってしっかり油を切る。

(6)(5)を網をおいたバットの上に、重ならないように広げておく。ポテト同士が重なったり、キッチンペーパーの上などに直接置くと、蒸気でしんなりしてしまうので注意。

(7)お好みの塩をまぶしたらできあがり!

<ポイント>

*より表面をカリッとさせたい場合は、(6)をしている間に油の温度を180℃まで上げて、再度2分ほど揚げるとよい。最後にまた(5)(6)のように油を切る。

*油がしっかり切れたら、袋にポテトと塩を入れてシャカシャカすると、全体にまんべんなくまぶしやすい。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL