「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

プラスに帯電し、電界によってほぼ静止している1つのストロンチウム原子を撮影した写真。下の画像のように拡大して見ると、黒い部分の中心にうっすらと青い光が見える(PHOTOGRAPH BY DAVID NADLINGER, UNIVERSITY OF OXFORD)

英オックスフォード大学で、量子コンピューターに使う原子を閉じこめる研究をしていたデビッド・ナドリンガー氏は、一般的なデジタル一眼レフカメラを使って、原子の撮影に成功した。写真のタイトルは「イオントラップ内の1つの原子」。2017年8月7日に撮影されたこの作品が、英国の工学・物理科学研究会議(EPSRC)による科学写真コンテストで表彰された。

黒い背景の前で青紫色のライトに照らされているのが、プラスに帯電したストロンチウム原子だ。両側には2つの金属電極があり、間にできる電界によって、原子はほぼ静止している。この装置はイオントラップと呼ばれる。小さな2つの針の先端の間の距離は、2ミリにも満たない。

中央部を拡大したもの(PHOTOGRAPH BY DAVID NADLINGER, UNIVERSITY OF OXFORD)

EPSRCのプレスリリースで、ナドリンガー氏は「1個の原子を目に見えるかたちで表現することは、微小な量子の世界と私たちの巨大な現実を直接的、直感的に結ぶことができるすばらしいアイデアだと思いました」と述べている。「ある静かな日曜日の午後、カメラと三脚を持って研究室に向かいました。そして、小さな薄い青色の点が映ったこの写真を撮ることができたのです」

ナショジオメルマガ