なぜ「ゴルゴ13」? 外務省・海外安全マニュアル編集委員 小林明

答えは『シベリアの汽笛』(第98巻)。

シベリア開発を巡って外務審議官がデューク東郷に特定の場所を紛争状態に陥れるように見せかけるミッションを依頼するという筋書き。外務審議官が自宅の茶室にデューク東郷を招いて、抹茶をたてながら対面する印象的な場面も登場する。日本の外交官がゴルゴ13に直接コンタクトを取った数少ないエピソードだ。

役立った映画好きの経歴、筋書きやセリフは自分で考案

さて話を江端さんに戻そう。

当面の課題は、ストーリー構成と作画などの実務作業をどうするかだった。コラボへの賛同は得たものの、現実問題として、連載をいくつも抱えるさいとうさん自身にも、さいとう・プロダクションにも、劇画を描き下ろすだけの時間的余裕がなかったからだ。

そこで江端さんは「発表済みの作品から好きな部分を抜き出して使っても構わない」という許可をもらい、ストーリーの構成や作画の切り貼りをすべて自分で手がけることにした。

主に参考にしたという単行本『ゴルゴ13』

もともと江端さんは大の映画好き。高校時代に友人たちと8ミリ映画を自主制作し、脚本づくりにも強い興味を持っていたことが幸いした。「熊本市にいた中学生時代から、私は街の映画館にずっと入り浸っているような映画少年だったんです。ブレードランナー、ランボー、ブルース・ブラザーズ……。米国映画を中心に色々な作品を見まくっていて、一時期は映画監督を本気で目指そうと考えていたくらいのめり込んでいました」と振り返る。

こうして江端さんは土日などの週末を利用しながら、『ゴルゴ13』の全183巻(当時)を何度も読み返し、安全対策マニュアルに使えそうな場面を徹底的に洗い出した。主に活用した単行本のタイトルは『白い皇軍』『最終暗号』『歪んだ車軸』『PKO』『パライバ・ブルー』『北京の蝶』『ドナウ・ライン迷路』『双龍狙撃指令』『赤い五月の使命』『不可能侵入』『魑魅魍魎の井戸』など。

ハサミを片手に原画を切り貼り、専門家と13項目を選抜

江端さんが『ゴルゴ13』の原画を切り貼りして作成したマニュアルの原案

さらに安全対策の専門家も交えて、マニュアルづくりに欠かせないテロ情報、事前準備、短期渡航、企業の安全対策、有事への対応などについて13項目をピックアップし、読者の頭に入りやすいストーリーをセリフも含めて練り上げた(項目数もやはり「13」にこだわったそうだ)。自らハサミやノリを片手に劇画のコマや人物を切り貼りしながら、まるまる半年かけて原案を作成したという。

あとはプロダクションに手直しをお願いし、さいとうさんらの最終的なチェックを経て、『ゴルゴ13』とコラボした海外安全対策マニュアルがようやく完成。17年3月から外務省のホームページに連載した後、同6月に本物の単行本そっくりの装丁にして配布を始めることにした。

安全セミナーなどを通じて海外渡航者や海外ビジネスが多い中小企業や団体に無料で配っている。これまでに11万部作成し、すでに9万部を配布し終わった状態だ。

白人を日本人に変える工夫、毎回のオチにも知恵絞る

苦労話も多い。困ったのは作品中で日本人と接触している場面が意外に少ないこと。そのため、デューク東郷の姿をハサミで切り取って画面に貼り付けたり、登場する白人の髪の毛や目の色を黒く塗って日本人に見えるように変えたり……。あれこれと知恵を絞りながら構成したそうだ。

各項目の筋書きにオチを付けるように工夫もした。たとえばマニュアル内の第6話『安全対策はホテルの中でも』。メキシコのホテルで不用意にドアを開けてしまったために暴漢に襲われた日本人女性をデューク東郷が助けるシーンがある。

「相手も確かめずになぜ、ドアを開けたのか」「ホテルはお前の家ではない」などと女性に長々と説教を続けたデューク東郷が最後に「ではタコスでも食べに行くか」と誘う。すると、「見知らぬ人のお誘いはお断りします!」と女性からキッパリと断られ、無言で相手を見つめるという結末……。

「冷徹非情なデューク東郷がそんな風に女性を食事に誘うわけがない」とファンからは反論されそうだが、「独特のユーモアがあって楽しく読める」「安全対策が頭に入りやすい」などと一般読者にはおおむね好評なようだ。

江端さんがひそかに自分のこだわりを盛り込んだ部分もある。マニュアルの最後の『エピローグ』のあとに『カーテンコール』という短い章を付け、次の展開を予感させる終わり方にしたのだ。大好きな映画の手法を取り入れた結果だそうだ。

さいとう氏から唯一の「ダメ出し」とは… 外相名を「高倉」に

さいとうさんが唯一「ダメ出し」した部分もある。それが外相の名前。日本の外相がデューク東郷に安全対策を依頼する冒頭の場面で、江端さんは当時の外相の名前である「岸田」を使った。ところが、「実在の人物の名前を使うのは好ましくないのでは」と難色を示されたため、さいとうさんが提案してきた「高倉」に外相の名前を変更したそうだ。

外務省の海外安全対策マニュアルは単行本『ゴルゴ13』とそっくりの装丁でマニアにも人気が高い

なぜ高倉だったのか? 「『ゴルゴ13』のモデルにもなったとされる俳優の故・高倉健さんから引用したのかもしれませんね……」。江端さんはこう推測する。

最終的に出来上がったマニュアルは単行本と同じ横13センチ×縦18センチ。目次や字体、紙の質感まで本物そっくりに再現した。全体の色も安全への注意喚起を意識して黄色にしたという。さいとうさん自身の「公認本」であるため、熱心なゴルゴファンからの問い合わせも相次ぎ、配布イベントには遠方からはるばる駆け付けた愛好者も少なくない。現在でも「着払い」でならば外務省から送付しているそうだ。

今春からは『ゴルゴ13』とコラボした海外安全マニュアルの動画版も新たに公開する予定だという。

江端康行さん
1969年仙台市生まれ。小学生のときに熊本市に引っ越し。熊本高校から金沢大学法学部へ。92年外務省入省(金沢大中退)、ブルガリア、イラク、ワシントン、ウィーン駐在などを経て2016年から現職。
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧