グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

World Food Watch

瓶にライム挿すはウソ? メキシコビール本当のお作法

2018/3/1

メキシコビールは瓶にライムを入れて飲む?

 メキシコのビールといえば「コロナ」を思い浮かべる人が多いだろう。メキシコのビールメーカー、グルーポ・モデロ社の銘柄で、世界180カ国以上で飲まれている、薄い黄金色が特徴のピルスナータイプのビールである。

 メキシコに行ったことがなくても、メキシコ料理を食べたことがなくても、カフェや居酒屋で、あの透明でスタイリッシュなボトルを一度は目にしたことがあるのでは?

 事実、「コロナ・エキストラ」は、日本のビール輸入量第1位なのだそうだ。

 日本の飲食店で、コロナビールは一般に、瓶の口に8分の1にカットしたライムやレモンを挿して供される。客はそのライムを瓶の中に押し込んで、そのまま瓶に口をつけて飲む。たしか本場メキシコではそうやって飲むのだと教えられた記憶がある。

 しかし、ここ2~3年メキシコや近隣の中米(食文化的にはメキシコに非常に近い)を旅してきた中で、私は現地でこのような飲み方をしている人を一度も見かけたことがない。

 思えば、「本場ではこうして飲む・食べる」という情報には昔から不確かなものが多い。私が幼いころは、スパゲティーはフォークとスプーンを持って食べるものだとか、フランス料理店でライスを食べるときにはフォークの背に乗せて口に運ぶのが正しいマナーとかいわれたものだ。

 しかし、パスタの本場・イタリアではこのような食べ方はしないし(スプーンを使うのはフォークだけで上手に食べることができない子どもだけとか)、フランスではそもそも白いご飯を食べる習慣がない。後者はイギリス海軍がマッシュポテトや豆を食べるときに(豆は潰してから)フォークの背に乗せて食べていたのを日本の海軍が真似するようになり、明治時代、日本に洋食が入ってきた際にテーブルマナーとして広まったようである。

 これらと同じように、本場のお作法とは違うものがまことしやかに伝わる不思議な現象がコロナビールにも起きている。

 では、本場メキシコではどのようにビールを飲むのかというと、普通にグラスやジョッキに注いで飲んでいる。ビールの口にライムが挿されて出されるのもあまり見たことがない。そのかわり小皿にカットしたリモン(=「limon」。スペイン語でレモンの意味)が添えられて出てくることが多い。これをビールにキュッと絞って飲むのだ。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL